Home » X00 総括班

X00 総括班 

研究目的 

 地下素粒子原子核実験の総力を結集し、「宇宙初期の物質粒子生成」、「軽いニュートリノの謎」、「暗黒物質の謎」、「星形成の歴史」、「現在の天体活動」などを直接的に究明し、各時代・各重要過程の理解を紡ぐことで、一連の宇宙の歴史をひもとくことができる。「神岡」地下では、それらに必要な0ν2β・暗黒物質・超新星背景ニュートリノ・超新星前兆ニュートリノの世界をリードする観測的研究が進行しており、次世代の革新的 技術も涵養されている。本研究(総括班)では、極低放射能を実験の共通課題として、個別の連携から領域全体 の有機的な連携に強化し、国内の強力な素粒子的宇宙像構築の理論的研究グループとも 相補的・相乗的な連携をする。さらに、人材育成も含めて長期的な視野で研究戦略を立て、個々の研究の飛躍的な発展とともに、分野での高い競争力を長期間維持し、宇宙の歴史 の解明を力強く推進する。

x00


メンバー

  • 研究代表者:
    – 井上 邦雄(東北大学 ニュートリノ科学研究センター)
  • 研究分担者:
    – 岸本 忠史(大阪大学 核物理研究センター)
    – 岸本 康宏(東京大学 宇宙線研究所)
    – 身内 賢太朗 (神戸大学 理学研究科)
    – 作田 誠 (岡山大学 自然科学研究科)
    – 石徹白 晃治(東北大学 ニュートリノ科学研究センター)
    – 竹内 康雄 (神戸大学 理学研究科)
    – 柳田 勉 (東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構)
    – 濱口 幸一 (東京大学 理学系研究科)
  • 連携研究者:
    – 吉田 斉 (大阪大学 理学研究科)
    – 鈴木 洋一郎 (東京大学 宇宙線研究所)
    – 中畑 雅行 (東京大学 宇宙線研究所)

宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

Copyright(c) 2014 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 All Rights Reserved.