Home » 領域目的

領域目的 

 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

 地下素粒子原子核実験の総力を結集し、「宇宙初期の物質粒子生成」、「軽いニュートリ ノの謎」、「暗黒物質の謎」、「星形成の歴史」、「現在の天体活動」などを直接的に究明す る。そして、各時代・各重要過程の理解を紡ぐことで、一連の宇宙の歴史をひもとく。

 

IM-CosmosEvolution小

地下素粒子原子核研究のさらなる進化と融合    

 神岡地下素粒子原子核実験は、小柴のノーベル賞につながったKamiokande実験以降、 Super-Kamiokande(SK)やKamLANDを擁し、大気, 太陽, 加速器や原子炉からのニュ ートリノ振動研究、超新星・太陽・地球などの天体ニュートリノ観測で世界第一線 の成果を上げ続けている。さらに次の目標として、ニュートリノレス二重β崩壊(0ν2β) 探索によるニュートリノのマヨラナ性(粒子と反粒子の同一性)検証、暗黒物質の直接 探索、超新星背景ニュートリノや超新星前兆ニュートリノ探索など次の大発見を狙う実 験も進行中である。一方、地下での素粒子原子核実験は、宇宙素粒子の大問題を解 明する非常に有力かつ効率的な手法であり、中規模装置で大発見が期待できる最先端研 究を行えることから、世界で激しい競争となっている。そこで、これまで各実験グルー プが個別に研究を続けていた極低放射能研究を核として、新たに組織的な連携体制 を構築し、我が国の地下素粒子原子核研究のさらなる進化と融合を目指す。

極低放射能研究を核に地下から宇宙の歴史をひもとく      

 「宇宙初期の物質粒子生成」, 「軽いニュートリノの謎」, 「暗黒物質の謎」と暗黒エネルギーの謎が未解決であり、我々はニュートリノのマヨラ ナ性検証から「宇宙初期の物質粒子生成」, 「軽いニュートリノの謎」, 暗黒物質直接 探索から「暗黒物質の謎」の究明を目指す。さらに、超新星背景ニュートリノや超新星 前兆ニュートリノの観測を通じて「星形成」「現在の天体活動」に迫る。
 全ての実験で共通するのは、極めて希な事象の検出で あり、低バックグランド技術がそこでの共通課題である。そこで、分野を超えて研究者 間で技術や知見を共有することで、広い連携のもとに素粒子・宇宙の大問題に取り組む。

宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

Copyright(c) 2014 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 All Rights Reserved.