Home » B02研究成果

B02研究成果 

B02 低バックグランド技術を応用した方向感度をもつ暗黒物質探索の基礎研究

論文発表(査読あり)

2018年度

  • 27: Kentaro Miuchi, Tomonori Ikeda, Hirohisa Ishiura, Kiseki D. Nakamura, Atsushi Takada, Yasuhiro Homma, Ko Abe, Koichi Ichimura, Hiroshi Ito, Kazuyoshi Kobayashi Takuma Nakamura, Ryuichi Ueno, Takuya Shimada, Takashi Hashimoto, Ryota Yakabe, Atsuhiko Ochi, “Development of a time projection chamber with a sheet-resistor field cage” PTEP accepted
  • 26: Atsuhiro Umemoto,Tatsuhiro Naka, Andrey Alexandrov and Masahiro Yoshimoto, “Super resolution plasmonic imaging microscopy for submicron tracking emulsion detector” PTEP 2019, 013D02 (2019),arXiv:1812.09528
  • 25: T.Shiraishi, H.Ichiki and T.Naka “Study on Luminescence of Fine-grained Nuclear Emulsion by Charged Particles”, Nucl. Inst. Meth. A (2019) Volume 927, 21 May 2019, Pages 202-208, doi.org/10.1016/j.nima.2019.02.039
  • 24: Measurement of ambient neutrons in an underground laboratory at Kamioka Observatory Keita Mizukoshi, Ryosuke Taishaku, Keishi Hosokawa, Kazuyoshi Kobayashi, Kentaro Miuchi, Tatsuhiro Naka, Atsushi Takeda, Masashi Tanaka, Yoshiki Wada, Kohei Yorita, Sei Yoshida Progress of Theoretical and Experimental Physics, Volume 2018, Issue 12, 1 December 2018, 123C01, doi:10.1093/ptep/pty133
  • 23: Miki Nakazawa, Tetsuichi Kishishita, Masayoshi Shoji, Ken Sakashita, Tomonori Ikeda, Hirohisa Ishiura, James B. R. Battat, Catherine Nicoloff, Manobu M. Tanaka, Takuya Hasegawa, Kentaro Miuchi “Prototype Analog Front-end for Negative-ion Gas and Dual-phase Liquid-Ar TPCs” 2019 J. Inst. 14 T01008 , DOI: 10.1088/1748-0221/14/01/T01008
  • *22: K.D. Nakamura, S. Ban, M. Hirose, A.K. Ichikawa, Y. Ishiyama, A. Minamino, K. Miuchi, T. Nakaya, H. Sekiya, S. Tanaka and K. Ueshima Angular dependence of columnar recombination in high pressure xenon gas using time profiles of scintillation emission 2018 J. Inst. 13 P07015, doi: 10.1088/1748-0221/13/07/P07015
  • 21:NEWSdm collaboration (N. Agafonova et al., T. Naka 33番目アルファベット順) “Discovery potential for directional Dark Matter detection with nuclear emulsions”, Eur. Phys. J. C 78 (2018) 578 DOI: 10.1140/epjc/s10052-018-6060-1

2017年度

  • *20:”Study of the low-energy ER/NR discrimination and its electric-field dependence with liquid argon”, T. Washimi, T. Kikuchi, M. Kimura, M. Tanaka and K. Yorita, 2018 JINST 13 C02026, https://doi.org/10.1088/1748-0221/13/03/C03031
  • 19:「検出量子効率に基づく暗黒物質検出用原子核乳剤の設計指針の提案と検討」, 谷忠昭、中竜大、日本写真学会誌2018年81巻1号:53-64
  • 18: “Study of Negative-Ion TPC Using μ-PIC for Directional Dark Matter Search” Tomonori Ikeda, Kentaro Miuchi, Atsuhiko Ochi, Ryota Yakabe, Takashi Hashimoto, Ryosuke Taishaku, Daniel P. Snowden-Ifft, Jean-Luc Gauvreau, Toru Tanimori, Atsushi Takada, and Kiseki Nakamura, EPJ Web of Conferences 174, 02006 (2018) , DOI:10.1051/epjconf/201817402006 (open access)
  • 17: 解説記事 「超微粒子原子核乾板における局在表面プラズモン共鳴を応用した超解像飛跡解析技術」、中竜大、日本写真学会誌2017年80巻4号:311-317
  • 16: “The development of super fine-grained nuclear emulsion”, Takashi Asada, Tatsuhiro Naka, Ken-ichi Kuwabara and Masahiro Yoshimoto, PTEP(2017)063H01, DOI: 10.1093/ptep/ptx076
  • 15: “New readout system for submicron tracks with nuclear emulsion”, K.Katsuragawa, A.Umemoto,M.Yoshimoto,T. Naka and T.Asada, JINST 12(2017)T04002, doi:10.1088/1748-0221/12/04/T04002

2016年度

  • 14″Radiation Detectors for Direct Dark Matter Search” Kentaro Miuchi JPS Conf. Proc. 11, (2016) 040001, doi 10.7566/JPSCP.11.040001
  • 13″Direction-Sensitive Dark Matter Search Using Micro Time-Projection-Chamber” Ryota Yakabe, Yushiro Yamaguchi, Kentaro Miuchi, Kiseki Nakamura, Shota Nakaura, Takashi Hashimoto, Tomonori Ikeda, Ryosuke Taishaku JPS Conf. Proc. 11, (2016) 040002, doi 10.7566/JPSCP.11.040002
  • 12 “Readout technologies for directional WIMP Dark Matter detection” Physics Reports Volume 662, 29 November 2016, Pages 1-46 J.B.R. Battat, I.G. Irastorza, … K. Miuchi(全93名中57番目) T. Naka (全93名中63番目),doi 10.1016/j.physrep.2016.10.001
  • 11: 「NEWAGE:方向に感度を持つダークマター直接探索実験 中村輝石、身内 賢太朗 日本物理学会誌 第71巻 (2016年) 第7号 469頁 最近の研究から
  • 10: “Nuclear Emulsions for Dark Matter Detection”, T. Tani and T. Naka, Rad. Meas. 95(2016)31-36 ,doi: 10.1016/j.radmeas.2016.10.004
  • *9:”Performance of VUV-sensitive MPPC for Liquid Argon Scintillation Light”, T. Igarashi, M. Tanaka, T. Washimi, K. Yorita, Nucl.Instrum.Meth. A833 (2016) 239-244
  • 8: 解説記事 「光学顕微鏡とX線顕微鏡を利用した、原子核乾板上にトラックされたサブミクロン粒子飛跡 の検出」中竜大、田原譲、浅田貴志、桂川貴義、吉本雅浩、梅本篤宏  日本光学会誌”光学”45巻9号(2016)、

2015年度

  • 7: A. Alexandrov, T. Asada, A. Buonaura, L. Consiglio, N. D’Ambrosio, G. De Lellis, A. Di Crescenzo, N. Di Marco, M.L. Di Vacri, S. Furuya, G. Galati, V. Gentile, T. Katsuragawa, M. Laubenstein, A. Lauria, P.F. Loverre, S. Machii, P. Monacelli, M.C. Montesi, T. Naka(全27人中20番目), F. Pupill, G. Rosa, O. Sato, P. Strolin, V. Tioukov, A. Umemoto, M. Yoshimoto”Intrinsic neutron background of nuclear emulsions for directional Dark Matter searches”, Astropart. Phys. 80 (2016)16-21,doi:10.1016/j.astropartphys.2016.03.003
  • 6: 「原子核乳剤による暗黒物質の検出―写真科学の知見と手法の適用―」谷忠昭、中竜大、日本写真学会誌2016年79巻2号2-10
  • 5: 解説記事 「超微粒子原子核乾板による方向感度を持った暗黒物質探索実験と新技術」中 竜大、日本写真学会誌2015年78巻4号
  • 4: 「暗黒物質探索実験のための地下環境の中性子測定」 吉本雅浩、中竜大、浅田貴志、待井翔吾、応用物理学会放射線分科会学会誌:放射線 Vol.40, No.4 (2015)231-235
  • 3: 「暗黒物質方向探索における局在表面プラズモン共鳴現象を用いた飛跡解析手法の開発」 梅本篤宏、中竜大、浅田貴志、桂川貴義、応用物理学会放射線分科会学会誌:放射線 Vol.40, No.4 (2015)225-230
  • 2:”Analysis system of submicron particle tracks in the fine-grained nuclear emulsion by a combination of hard x-ray and optical microscopy” T.Naka, T.Asada, M.Yoshimoto, T.Katsuragawa, Y.Suzuki, Y. Terada, A.Takeuchi, K.Uesugi, Y.Tawara, A.Umemoto and M.Kimura, Review of Scientific Instruments 86,0730701(2015), DOI:10.1063/1.4926350
  • 1:”Direction-sensitive dark matter search with gaseous tracking detector NEWAGE-0.3b” Kiseki Nakamura, Kentaro Miuchi, Toru Tanimori, Hidetoshi Kubo, Atsushi Takada, Joseph D. Parker, Tetsuya Mizumoto, Yoshitaka Mizumura, Hironobu Nishimura, Hiroyuki Sekiya, Atsushi Takeda, Tatsuya Sawano, Yoshihiro Matsuoka, Shotaro Komura, Yushiro Yamaguchi, and Takashi Hashimoto Progress of Theoretical and Experimental Physics (2015) 043F01s

論文発表(査読なし)

2017年度

  • 3:(会議報告)2017年度Open-it 物理計測者若手の会研究会、 高エネルギーニュース volume35 number4 (Jan/Feb/Mar 2017)
  • *2:気液2相型アルゴン光TPC検出器による暗黒物質探索実験(ANKOK) 寄田浩平、田中雅士、鷲見貴生、木村真人、矢口徹麿、 高エネルギーニュース volume36 number4 (Jan/Feb/Mar 2018)

2016年度

  • 1:地下素核実験のための中性子測定コンソーシアム 田中雅士、帝釈稜介、鈴木優飛、吉本雅浩、 高エネルギーニュース volume35 number4 (Jan/Feb/Mar 2017)

国際会議発表(口頭発表)*印は他計画研究/公募研究が主の共同研究

2018年度

  • 49: Tatsuhiro Naka “NEWSdm experiment ~Directional Dark Matter Search with Super-high resolution Nuclear Emulsion~ (invited) , “Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019 ” 7-9 March 2019 Tohoku University, Sendai, Japan 2018
  • 48: Kentaro Miuchi “NEWAGE” (invited), “Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019 7-9 March 2019 Tohoku University, Sendai, Japan 2018
  • 47: Kentaro Miuchi ” Low BG TPC for direction-sensitive dark matter search” (invited),9th symposium on Large TPCs for low-energy rare event detection 12-14 December 2018 Diderot University, Paris
  • *46 : Tatsuki Washimi, “Study of pulse shape discrimination and scintillation/ionization ratio in two-phase argon detector”
  • *45 : Tomomasa Takeda , “Study of a secondary scintillation light in a two-phase argon detector” , XeSAT2018, Waseda University, Japan, Sept. 18-21, 2019
  • 44: Kentaro Miuchi “NEWAGE” (invited), “Identification of Dark Matter 2018(IDM 2018)” 23 – 27, July 2018 12th International Conference, Brown University
  • 43: Kentaro Miuchi “Review on Direction-Sensitive Direct Dark Matter Search with gaseous detectors” (invited), “Identification of Dark Matter 2018(IDM 2018)” 23 – 27, July 2018 12th International Conference, Brown University
  • 42: Tatsuhiro Naka “NEWSdm~ Directional dark matter search with super-high resolution nuclear emulsion”, The 4th KMI international symposium(KMI2019), Nagoya University,Japan , Feb. 18-20, 2019
  • 41: Tatsuhiro Naka “Directional Search for Dark Matter Using Nuclear Emulsion”, ICHEP2018:,Seoul,South Korea, July 4-11, 2018
  • 40: Tatsuhiro Naka “Directional Search for Dark Matter Using Nuclear Emulsion – NEWSdm”, Blois 2018: 30th Rencontres de Blois on “Particle Physics and Cosmology”, Blois, France, June 3-8, 2018

2017年度

  • 39: “Direction-sensitive dark matter search with three-dimensional gaseous tracking detector” Ryota Yakabe Topics in Astroparticle and Underground Physics 2017 – Laurentian University, Sudbury, Canada, July 24 – 28, 2017
  • 38: “Development of a low alpha emitting μ-PIC for NEWAGE direction-sensitive dark matter search” LRT2017 home page Takashi Hashimoto Low Radioactivity Techniques 2017 – EWHA Womans University, Korea, May 24 – 27, 2017
  • 37: Kentaro MiuchiDirection-Sensitive Direct Dark Matter Search “Topical Workshop on Dark Matter” November 13-15 NanYang Technological University, Singapore
  • 36: Kentaro Miuchi “NEWAGE”, “The Rencontres du Vietnam on Exploring the Dark Universe” July 24-30 International Centre for Interdisciplinary Science Education (ICISE), Quy Nhon, Vietnam
  • 35: Tomonori Ikeda, “Current status of NEWAGE”, CYGNUS 2017 – Xichang, China, June 13, 2017
  • 34:Kentaro Miuchi “CYGNUS GAS WG report”, “CYGNUS 2017 : 6th Workshop on directional detection of Dark Matter” Jun 13-15th @Xichang , Sichuan, China
  • *33: Tatsuki Washimi “Study of the Low-Energy ER/NR Discrimination and its Electric-Field Dependence with Liquid Argon”, LIDINE 2017: LIght Detection In Noble Elements, SLAC National Accelerator Laboratory, Sept 22-24, 2017
  • *32: Masato Kimura “Status and prospect of the ANKOK project: Low mass WIMP dark matter search using double phase argon detector”, 15th International Conference on Topics in Astroparticle and Underground Physics (TAUP2017),Sudbury, , Canada, July 24-28, 2017
  • 31: Tatsuhiro Naka “NEWSdm experiment – Direction Sensitive Dark Matter Search with Super-high Resolution Nuclear Emulsions”, Exploring the Dark Universe, Quy Nhon, Vietnam, July 23-29, 2017
  • 30: Atsuhiro Umemoto “NEWSdm ~ Nuclear Emulsions for WIMP Search – directional measurement ~”, CYGNUS 2017 Sixth International Workshop on Directional Detection of Dark Matter, Xichang, Sichuan, China, June 13 ~ 16, 2017

2016年度

  • 29: Tatsuhiro Naka “Direction Sensitive Direct Dark Matter Search with Super-High Resolution Nuclear Emulsions”, The 3rd International Symposium on “Quest for the Origin of Particles and the Universe” (KMI2017), 5-7 January 2017, Nagoya University, Japan
  • 28: Kentaro Miuchi “NEWAGE”, caastro-coepp joint workshop, 30th January – 1st February 2017, School of Physics, University of Melbourne, Melbourne, VIC, Australia
  • 27: Kentaro Miuchi “Review of direction-sensitive dark matter search ,”Physics in LHC and early universe” 9th to 11th, Jan. 2017, Univ. of Tokyo
  • 26: Kentaro Miuchi “XMASS/NEWAGE Dark Matter Search” Kick Off Symposium for Honolulu Office of Kobe University,June 30th, 2016
  • *25: Masashi Tanaka “Status of R&D of the ANKOK project: Low mass WIMP search using double phase argon detector”, “ICHEP 2016″ Chicago US, August 3-10 2016”
  • 24: Takashi Asada “The technical improvements on NEWS experiment”, “IDM 2016″, Sheffield, UK, July 18-22, 2016
  • 23: Kentaro Miuchi “NEWAGE”, “ICHEP 2016″ Chicago US, August 3-10 2016”
  • 22: Kentaro Miuchi “NEWAGE”, “IDM 2016″, Sheffield, UK, July 18-22, 2016
  • 21: Masahiro Yoshimoto “NEWS: Nuclear Emulsions for WIMP Search” 28th Rencontres de Blois on Particle Physics and Cosmology, May 31, Château Royal de Blois, Blois, France
  • 20: Kentaro Miuchi,”NEWAGE”,International Symposium on “Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016” 11-13 May 2016 University of Tokyo, Tokyo, Japan

2015年度

  • *19:Tatsuki Washimi,”Performance of VUV-sensitive MPPC for Liquid Argon Scintillation Light”,International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016)、20 January 2015 KEK, Tsukuba,Japan
  • *18:Masato Kimura,”Low Energy Response on Liquid Argon Scintillation and Ionization Process for Dark Matter Search”,International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016)、18 January 2015 KEK, Tsukuba,Japan
  • 17: Mitsuhiro Kimura “WIMP tracking with cryogenic nuclear emulsion” 14th Vienna Conference on Instrumentation,2016 Feb. 15-19, Vienna University of Technology, Vienna, Austria
  • 16:Ryota Yakabe,”Direction-sensitive dark matter search with micro-TPC”,International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016)、18 January 2015 KEK, Tsukuba,Japan
  • 15:Kentaro Miuchi(招待講演),”Radiation Detector Development for Direct Dark Matter Search”,International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2016)、18 January 2015 KEK, Tsukuba,Japan
  • 14:Tomonori Ikeda”,Study of Negative-Ion TPC using u-PIC for Directional Dark Matter search”,Oct 12 – Oct 16, 2015MPGD2015 – Trieste, Italy
  • *13:Tatsuki Washimi, “Direct Detection of Liquid Argon Scintillation with MPPC”, LIght LIDINE 2015 Detection In Noble Elements, 28-30 August 2015, The University at Albany, USA
  • 12:Kentaro Miuchi, “NEWAGE”(招待講演),”Mini workshop on direct search of Dark Matter” 7 July 2015 CUP, IBS, Daejeon, Korea
  • 11:Takashi Asada, “The simulation about effects of micro construction in the nuclear emulsion “, ICAI2015 The 1st International Conference on Advanced Imaging, 17-19 June 2015, National Xenter of Science, Japan
  • 10:Tatsuhiro Naka, “NEWS project ~Detector Technologies~” (招待講演), 16 June 2015, University of Rome, Italy
  • 9:Kentaro Miuchi, “NEWAGE” , CYGNUS2015 5th Workshop on Directional Detection of Dark Matter, 2-4 June 2015, Los Angeles, USA
  • 8:Takashi Hashimoto, “Background study and reduction for NEWAGE” , CYGNUS2015 5th Workshop on Directional Detection of Dark Matter, 2-4 June 2015, Los Angeles, USA
  • 7:Atsuhiro Umemoto, “Invention of super-resolution readout system using plasmon of directional dark matter search with emulsion” , CYGNUS2015 5th Workshop on Directional Detection of Dark Matter, 2-4 June 2015, Los Angeles, USA
  • 6:Takayoshi Katsuragawa, “Detection efficiency and angular resolution of directional dark matter search with the nuclear emulsion” , CYGNUS2015 5th Workshop on Directional Detection of Dark Matter, 2-4 June 2015, Los Angeles, USA
  • 5:Takashi Asada, “The performance and status of directional dark matter search with the nuclear emulsion” , CYGNUS2015 5th Workshop on Directional Detection of Dark Matter, 2-4 June 2015, Los Angeles, USA

2014年度

  • 4:Kentaro Miuchi, “NEWAGE” , 7th international symposium on “large TPCs for low-energy rare event detection” , 15-17 Decembert 2014 Paris, France
  • 3:Kentrao Miuchi “Dark Matter” Poster presentation at 11th Japanese-German Frontiers of Science Symposium(JGFoS) , October 31 – November 2, 2014 ,Hotel INNSIDE by Melia BREMEN (Bremen, Germany)
  • 2:Tatsuhiro Naka,  “Directional Dark Matter Search Project with Super-High Resolution Nuclear Emulsions “, DBD2014, 5-7 October 2014 (発表日10/5),Hawaii, USA
  • 1:Keishi Hosokawa and Kentaro Miuchi, “DM direct searches in JAPAN” KUBEC International Workshop on Dark Matter Searches
    27-29 August 2014 (発表日8/28),Brussels, Beigium

国際会議発表(ポスター発表) *印は他計画研究/公募研究が主の共同研究

2018年度

  • 12: Inori Todoroki (Nagoya Univ.) ,”Potential of emulsion as environmental neutron detector in underground laboratory”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 11: Keita Mizukoshi (Osaka Univ.) ,”Ambient neutron measurement in an underground laboratory”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 10: Tomonori Ikeda (Kobe Univ.),”Latest Results of the NEWAGE”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 09: Masato Kimura(Waseda University),”Measurement of the scintillation efficiency for nuclear recoils in double-phase argon detector for low mass WIMP search”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 08: Inori Todoroki (Nagoya, Univ.),”Potential of emulsion as environmental neutron detector in underground laboratory”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019

2016年度

  • 07:Atsuhiro Umemoto, “NEWS Nuclear Emulsions for WIMP Search”, International Workshop on Double Beta Decay and Underground Science (DBD16) 8-10 November 2016 Osaka, Japan
  • 06: Ryota Yakabe, “Head-tail study of recoil nuclear tracks”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016
  • 05: Takashi Hashimoto , ” Background study and reduction for NEWAGE”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016
  • 04: Tomonori Ikeda, ” Negative Ion TPC Development for Direction-Sensitive Dark Matter Search”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016
  • *03: Tatsuki Washimi, “The ANKOK project – Status of R&D toward Low mass WIMP search”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016
  • 02: Hiromasa Ichiki, “Study of quantum sensitivity and fluorescence for cryogenic NIT”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016
  • 01: Takayoshi Katsuragawa “NEWS-experiment for directional dark matter search with Nuclear emulsion”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, University of Tokyo, 11-13 May 2016

 

 

国内会議発表(口頭発表) *印は他計画研究/公募研究が主の共同研究

2018年度

 

    • 251:伊藤博士「low-α μ-PICを用いた表面アルファ線分析器の開発」 日本物理学会 2018年秋季大会, 2018年9月17日, 信州大学
    • 250: 池田智法「マグノン検出器を用いたアクシオン探索実験究」 日本物理学会 2018年秋季大会, 2018年9月17日, 信州大学
    • 249:池田智法「方向感度を持った暗黒物質探索のためのR&D」 日本物理学会 2018年秋季大会, 2018年9月16日, 信州大学
    • 248: 石浦宏尚「陰イオンガスμ-TPCに用いるMPGDの陰イオンガス中特性研究」 日本物理学会 2018年秋季大会, 2018年9月14日, 信州大学
    • 247: 橋本隆「NEWAGE実験50: 低アルファμ-PICを用いた地下実験経過報告」日本物理学会 2018年第74回秋季大会, 2018年9月16日, 信州大学
    • 246: 中竜大「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(3)〜地下実験に向けた将来展望〜」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月15日 九州大学伊都キャンパス
    • 245: 梅本篤宏「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(2)〜検出器開発と地上でのテスト実験状況報告〜」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月15日 九州大学伊都キャンパス
    • 244: 小林龍太「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(1)〜解析速度向上及び新解析手法の開発〜」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月15日 九州大学伊都キャンパス
    • 243: 石浦 宏尚「陰イオンTPCシミュレーション 」アクティブ媒質TPC開発座談会 2019年3月22日 神戸大学
    • 242: 池田智法「方向に感度を持った暗黒物質直接探索のためのガスTPC」アクティブ媒質TPC開発座談会 2019年3月22日 神戸大学
    • 241: 中村拓馬「方向に感度を持つ暗黒物質探索実験のための読み出し回路の開発」第25回ICEPPシンポジウム 2019年2月18日 ビラビレッジ白馬
    • 240: 石浦宏尚「陰イオンガス中におけるMPGDの特性理解」第25回ICEPPシンポジウム 2019年2月18日 ビラビレッジ白馬
    • 239 : 池田智法「MPGDの暗黒物質探索への応用」第15回Micro-Pattern Gas Detector研究会 2018年12月14日 京都大学
    • 238 : 石浦宏尚「NEWAGE実験53:ガス検出器シミュレーションを用いた陰イオンガスμ-TPCのための陰イオンガス中MPGD特性研究」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月14日 九州大学伊都キャンパス
    • 237 : 池田智法「NEWAGE実験52:2018年地下測定結果」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月14日 九州大学伊都キャンパス
    • 236 : 伊藤博士「極低放射能測定のためのた表面アルファ線分装置器の開状況発」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月14日 九州大学伊都キャンパス
    • 235 : 身内賢太朗「抵抗シートを用いたTPC開発 」アクティブ媒質TPC開発座談会 2019年3月22日 神戸大学
    • *234 : 田中雅士「Double Phase Ar Detector」アクティブ媒質TPC開発座談会 2018年3月21日 神戸大学
    • *233 : 青山一天 「Ar検出器の大光量化に向けた開発2」 日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月17日 九州大学伊都キャンパス
    • *232 : 武田知将 「ガスアルゴン中の電子比例蛍光の波形と発光機構」 日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月17日 九州大学伊都キャンパス
    • *231 : 木村眞人 「ANKOK実験32:低エネルギー領域の電離電子信号の特性評価」 日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月14日 九州大学伊都キャンパス
    • 230 : 身内賢太朗「電場形成に高抵抗シートを用いたTPCの開発」日本物理学会 第74回年次大会 2019年3月14日 九州大学伊都キャンパス
    • 229 : 田中雅士「中性子測定コンソーシアム」「第五回極低放射能技術」研究会2019年3月10日 東北大学
    • 228 : 身内賢太朗「ガス飛跡検出器による暗黒物質探索実験」平成30年度宇宙線研究所共同利用研究成果発表研究会 2018年12月21日 東京大学宇宙線研究所
    • 227 : 身内賢太朗「いま、探すべきDM質量領域」2018年度年度 早稲田大学素粒子物理実験研究会 2018年11月1日 フォレスト箱根
    • 226 : 小林龍太「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(3)~超微粒子原子核乾板のための次世代型高速飛跡読み取り装置PTSの開発状況~」2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • 225 : 福澤佑哉「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(2)~飛跡の光学スペクトル情報を用いたノイズ分別手法の開発~」2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • 224 : 中竜大「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(1)~全体報告~」2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • *223 : 田中雅士「ANKOK実験29:気液2相型Ar光検出器を用いた低質量暗黒物質探索」 日本物理学会 2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • *222 : 鷲見貴生「ANKOK実験30:ER/NR分離能力の評価と電場最適化」 日本物理学会 2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • *221 : 武田知将「ANKOK実験31:電離信号(電子比例蛍光; S2)の基礎特性と利用可能性」日本物理学会 2018年9月16日 信州大学松本キャンパス
    • *220 : 青山一天 「Ar検出器の大光量化に向けた開発」 日本物理学会 2018年9月14日 信州大学松本キャンパス
    • 219:中竜大「超微粒子原子核乾板における特性とその応用 」日本写真学会年次大会 2018年6月20日 千葉大学

2017年度

  • 218:石浦宏尚「陰イオンガス中におけるMPGDの理解」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月25日 東京理科大学野田キャンパス
  • 217:池田智法「NEWAGE実験49:小型の陰イオンuTPCを用いた3次元飛跡検出とZの位置決定」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 216:中澤美季「陰イオンガスμTPC/液体アルゴンTPC用ASIC(LTARS2016K01)の性能評価」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月22日 東京理科大学野田キャンパス
  • 215:白石卓也「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する発光応答の評価」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 214:福澤佑哉「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(3)~次期地下実験に向けた検出器の光学応答理解と改善~」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 213:小林龍太「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(2)~高速飛跡読み取り装置開発の現状報告~」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 212:梅本篤宏「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(1)~グランサッソ地下実験の現状報告~」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *211:田中雅士「ANKOK実験23:気液2相型Ar光TPC検出器による暗黒物質探索」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *210:武田知将「ANKOK実験24:ガス中2次蛍光の検出器内環境依存性」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *209:菊地崇矩「ANKOK実験25:高電場下におけるAr蛍光特性」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *208:木村眞人「ANKOK実験26:高電場下における電子反跳/原子核反跳事象の分離」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *207:竹村祐輝「ANKOK実験27:背景事象の低減と理解」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • *206:矢口徹磨「ANKOK実験28:TPCの拡張と今後の展望」日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 205: 身内賢太朗「低BG実験のための陰イオンガスTPC」(招待講演) 日本物理学会 第73回年次大会 シンポジウム「素粒子・宇宙線・原子核・応用研究のためのユニークなTPC開発」 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 204:身内賢太朗 「NEWAGE実験48:地下実験報告」 日本物理学会 第73回年次大会 2018年3月23日 東京理科大学野田キャンパス
  • 203:身内賢太朗 「低放射能 低放射能μ-PICの開発」 「極低放射能技術」研究会 2018年3月7日 山形 天童温泉 ほほえみの宿 滝の湯
  • 202:身内賢太朗 「フッ素を用いた大質量暗黒物質探索」 2017年度第二回CRC将来計画タウンミーティング 2017年12月16日(土) 東京大学 柏キャンパス
  • 201:身内賢太朗「ガス飛跡検出器による暗黒物質探索実験」 平成26年度宇宙線研究所共同利用研究成果発表研究会(東京大学宇宙線研究所) 2017年12月9日
  • 200:身内賢太朗 低バックグラウンドなTPCの開発 第14回MPGD研究会 岩手大学銀河ホール 2017年12月2日
  • 199:身内賢太朗「方向に感度を持った暗黒物質探索実験」 研究会「宇宙観測と地上実験から探るダークマター研究の現状と展望」 2017年10月3日 金沢歌劇座 第3・4会議室
  • 198:身内賢太朗 「暗黒物質直接探索実験の現状」 (招待講演) 日本物理学会 2017年秋季大会 シンポジウム「地下実験による宇宙・素粒子・原子核研究」 2017年9月12日 宇都宮大学
  • 197:身内賢太朗「NEWAGE」 2017年度CRC将来計画タウンミーティング 2017年6月24日(土), 25日(日) 東京大学 柏キャンパス
  • 196: 身内賢太朗「DM 探索 陰イオン TPC (NEWAGE)」 アクティブ媒質TPC開発座談会 2017年4月22日,KEK
  • 195:中澤美季「陰イオンガスμTPC/液体アルゴンTPC用ASIC(LTARS2016K01)の性能評価」 日本物理学会 2017年第73回秋季大会, 2017年9月12-15日, 宇都宮大学
  • 194:池田智法「NEWAGE実験47:陰イオンuPTCにおけるマイノリティキャリアの性質解明」 日本物理学会 2017年第73回秋季大会, 2017年9月12-15日, 宇都宮大学
  • 193:矢ケ部遼太「NEWAGE実験46:前後判定手法を用いた暗黒物質直接探索」 日本物理学会 2017年第73回秋季大会, 2017年9月12-15日, 宇都宮大学
  • 192: 石浦宏尚「陰イオンガスにおけるMPGDの性能評価」 日本物理学会 2017年73回秋季大会,2017年9月12-15日,宇都宮大学 峰キャンパス
  • 191:橋本隆(神戸)「大面積低アルファμ-PICの製作・性能評価」 日本物理学会 2017年73回秋季大会,2017年9月12-15日,宇都宮大学 峰キャンパス
  • 190:梅本篤宏(名古屋)「超高分解能飛跡検出器への局在表面プラズモン共鳴の応用」第15回プラズモニクスシンポジウム、2018年2月2日、コンパルホール、大分県
  • 189:市来浩雅(名古屋)「超微粒子原子核乾板の荷電粒子による蛍光発光に関する研究」画像関連学会連合会第4回秋季大会 2017年12月2日、京都工芸繊維大学
  • 188:福澤佑哉(名古屋)「局在表面プラズモン共鳴を用いた超微粒子原子核乾板(NIT)における光学応答の評価と改善」画像関連学会連合会第4回秋季大会 2017年12月2日、京都工芸繊維大学
  • 187: 小林龍太(名古屋)「超微粒子原子核乾板読み取りのための高速自動飛跡読み取り装置の開発」画像関連学会連合会第4回秋季大会 2017年12月2日、京都工芸繊維大学
  • *186: 田中雅士(早稲田)「ANKOK実験22:電子反跳事象分離能力の理解」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • *185: 矢口徹磨(早稲田)「ANKOK実験21:本検出器に向けた光学過程の理解」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • *184: 木村眞人(早稲田)「ANKOK実験20:電子反跳事象分離能力の理解」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • 183: 中竜大(名古屋)「超微粒子原子核乾板における局在表面プラズモン共鳴を応用した超解像飛跡解析技術」(招待講演), 第14回日本写真学会光機能性材料セミナー, 2017年8月30日, 東京ミッドタウンカンファレンスルーム-9
  • 182: 中竜大(名古屋)「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(2)~全体報告~」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • 181: 梅本篤宏(名古屋)「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(1)~解析システムとグランサッソ地下でのテスト実験状況の報告~」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • 180: 白石卓也(名古屋)「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する発光特性の研究」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • 179: 多田智美(名古屋)「Nano Imaging Trackerの重イオンにおけるz/β分解能の評価」, 日本物理学会2017年秋季大会, 2017年9月12-15日、宇都宮大学峰キャンパス
  • 178: 中竜大(名古屋)「NEWSdm」, CRCタウンミーティング, 2017年6月24-25日、東京大学柏キャンパス
  • 177: 市来浩勝(名古屋)「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する蛍光発光応答の評価」, 2017年度日本写真学会年次大会, 2017年6月20-21日, 一橋大学学術総合センター
  • 176: 中竜大 (名古屋)「方向感度をもつ暗黒物質探索の基礎研究」, 「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」2017年領域研究会, 2017年5月21-23日 岡山大学

2016年度

  • 175: 中竜大(名古屋)「NEWSdm」2017年1月27,28日、ダークマター懇談会、 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ
  • 174: 中竜大(名古屋)「エマルジョン暗黒物質探索実験 NEWS(2)~地下実験に向けた活動報告と課題~」2017年3月17-20日 日本物理学会年次大会、大阪大学豊中キャンパス
  • 173: 梅本篤宏(名古屋)「エマルジョン暗黒物質探索実験 NEWS(1)~解析速度とS/N向上のための光学システムの開発~」2017年3月17-20日 日本物理学会年次大会、大阪大学豊中キャンパス
  • 172: 身内賢太朗(神戸)「NEWAGE」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *171: 寄田浩平 (早稲田)「ANKOK」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 170: 中竜大  (名古屋)「NEWSdm実験概要」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 169: 矢ケ部遼太(神戸) 「NEWAGE実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 168: 市来浩勝 (名古屋)「超微粒子原子核乾板を用いた粒子識別への挑戦~修論に向けて~」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 167: 中村輝石 (京都) 「Dark AXEL」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 166: 多田智美 (名古屋)「超微粒子原子核乾板において粒子識別効率を向上させる現像方法の開発」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *165: 矢口徹磨 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 164: 小林龍太 (名古屋)「原子核乾板を用いた暗黒物質探索のための次世代型自動飛跡読み取り装置の開発」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 163: 浅田貴志 (名古屋)「超微粒子原子核乾板の実用化研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *162: 中新平  (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *161: 竹村祐輝 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 160: 池田智法 (神戸) 「NEWAGE実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *159: 飯島耕太郎(早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *158: 鷲見貴生 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *157: 鈴木優飛 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 156: 中澤美季 (神戸) 「NEWAGE実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *155: 木村眞人 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • *154: 菊地崇矩 (早稲田)「ANKOK実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 153: 橋本隆  (神戸) 「NEWAGE実験における私の研究」2017年3月29-31日「地下素核研究」計画研究B02第8回若手研究会,加賀温泉ゆのくに天祥
  • 152: 帝釋 稜介 「中性子測定についてのレビュー」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 151: 帝釋 稜介 「3He比例計数管を用いた環境中性子フラックスの測定」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 150: 鈴木 優飛 「液体シンチレータを用いた神岡地下における環境中性子測定」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • *149: 竹村 祐輝 「ANKOK実験における内部放射線背景事象」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 148: 鷲見 貴生 「重力相互作用しかしない暗黒物質の, 地下極低BG技術を用いた探索実験の検討」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 147: 木村 眞人 「暗黒物質候補としてのsterile neutrino」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 146: 市来 浩勝 「leptophilic DM model」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 145: 中澤 美季 「Disentangling Dark Matter Dynamics with Directional Detection」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 144: 池田 智法 「TPCを用いたKK-axionの探索」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 143: 橋本 隆 「TeV dark matter in the disk」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 142: 矢ケ部 遼太 「方向感度を持った暗黒物質探索における地球の阻止効果について」2016年11月22日「地下素核研究」計画研究B02第7回若手研究会,神戸大学
  • 141: 「NEWAGE実験における陰イオンμ-TPCのための読み出し回路」 中澤美季2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 140: 「陰イオンTPCの開発と修論にむけて」 池田智法2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 139:「NEWAGEにおける高感度化のための研究」 橋本隆2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 138:「原子核乾板を用いたダークマター探索について」 岡田晟那2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 137:「超微粒子原子核乾板の荷電粒子による発光に関する研究」 市来浩勝2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 136:「ANKOK実験の現状と神岡中性子測定(Chisoko)」 菊地崇矩 2016年7月17日「地下素核研究」計画研究B02第6回若手研究会,名古屋大学
  • 135:身内賢太朗 NEWAGE/CYGNUS
    ダークマターの懇談会 2017年1月28日
  • 134:身内賢太朗 WIMP direction sensitive (レビュー)
    ダークマターの懇談会 2017年1月28日
  • 133:矢ケ部遼太「ガス飛跡検出器による暗黒物質探索実験」東京大学宇宙線研究所共同利用研究成果発表会2016年12月10日(東京大学宇宙線研究所)
  • 132:中澤美季「陰イオンガスを用いたMPGD基礎特性」日本物理学会 2017年72回年次大会,2017年3月22日,大阪大学 豊中キャンパス
  • 132: 帝釋稜介「神岡地下における3He比例計数管を用いた環境中性子フラックスの測定」日本物理学会 2017年72回年次大会, 2017年3月20日, 大阪大学 豊中キャンパス
  • 131:矢ケ部遼太「NEWAGE実験44: μ-TPCを用いた反跳原子核における 前後判定について」日本物理学会 2017年第72回年次大会, 2017年3月20日, 大阪大学
  • 130:池田智法「NEWAGE実験45:陰イオンガスuTPCを用いたの絶対位置決定」日本物理学会 2017年第72回年次大会, 2017年3月20日, 大阪大学
  • 129:橋本隆「大面積低バックグラウンドμ-PICの製作・性能評価」日本物理学会 2017年第72回年次大会, 2017年3月17-20日, 大阪大学
  • 128:帝釋稜介「3He比例計数管を用いた環境中性子フラックスの測定」 第23回ICEPPシンポジウム 2017年2月20日
  • 127:中澤美季 「SF6ガスを用いたMPGD基礎特性」 第13回MPGD研究会 2016年12月10日 神戸大学
  • 126:池田智法「陰イオンガスSF6を用いたu-PICの二次元飛跡検出」第13回MPGD研究会 10 December 2016年12月10日 神戸大学
  • 125:橋本隆「低バックグラウンドμ-PICの開発と性能評価」 第13回MPGD研究会 2016年12月9,10日 神戸大学
  • 124:鈴木優飛 「液体シンチレータを用いた神岡地下における環境中性子測定」日本物理学会 第71回年次大会, 2017年03月20日, 大阪大学 豊中キャンパス
  • 123:鈴木優飛 「中性子測定コンソーシアム」,極低放射能技術研究会, 2017年02月19日,飛騨 流葉山荘
  • 122: 市来浩勝「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する蛍光発光応答の研究」画像関連学会連合会第3回秋季大会 2016年11月18日、京都工芸繊維大学
  • 121: 梅本篤宏「超微粒子原子核乾板におけるプラズモン共鳴を用いた不純物識別」画像関連学会連合会第3回秋季大会 2016年11月18日、京都工芸繊維大学
  • 120: 多田智美「超微粒子原子核乾板における潜像核の酸化還元電位測定」画像関連学会連合会第3回秋季大会 2016年11月18日、京都工芸繊維大学
  • 119: 岡田晟那「超微粒子原子核乾板における潜像退行等の特性評価」画像関連学会連合会第3回秋季大会 2016年11月18日、京都工芸繊維大学
  • 118: 浅田貴志「超微粒子原子核乾板の原理的検出能力の直接測定」画像関連学会連合会第3回秋季大会 2016年11月18日、京都工芸繊維大学
  • 117:市来浩勝 「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する蛍光発光の評価」 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月22日, 宮崎大学
  • 116:中 竜大 「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWS(3)~全体報告~」 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 115:桂川貴義 「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWS(2)~解析段階における背景事象の理解~」 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 114:浅田貴志 「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWS(1)~検出器応答を含む方向感度シミュレーション~」 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 113:中澤美季 NEWAGE実験43:陰イオンuTPCのための読み出し回路 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 112:池田智法 NEWAGE実験42:陰イオンuTPCによる二次元飛跡検出 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 111:身内賢太朗 NEWAGE実験41:現状と将来 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 110:矢ケ部遼太 NEWAGE実験40:地下測定における暗黒物質探索の結果と方向感度について 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月24日, 宮崎大学
  • 109:帝釋稜介 3He比例計数管を用いた環境中性子フラックスの測定 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月22日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • 108:橋本隆「暗黒物質探索実験用μ-PICの性能評価」 日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年9月22日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • *107:田中雅士「ANKOK実験 15:低質量暗黒物質探索感度評価」日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年09月24日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • *106:木村眞人 「ANKOK実験 14:質量30kg検出器の設計および製作状況」日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年09月24日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • *105:鷲見貴生 「ANKOK実験 13:プロトタイプ検出器を用いた背景事象分離能力の評価」日本物理学会 2016年秋季大会, 2016年09月24日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • 104: 帝釋稜介「3He比例計数管を用いた環境中性子フラックスの測定」2016年秋季大会,2016年09月22日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • 103: 鈴木優飛「液体シンチレータを用いた地下環境高速中性子の測定」2016年秋季大会,2016年09月22日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • 102 :梅本篤宏 ”エマルション中のダスト除去” 2016年度日本写真学会年次大会 2016年6月9日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 101 :市来浩勝 ”超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する蛍光発光応答の評価” 2016年度日本写真学会年次大会 2016年6月9日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 100 :木村充宏 ”暗黒物質探索のための超微粒子乳剤の低温特性の研究” 2016年度日本写真学会年次大会 2016年6月9日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 99 :中竜大 “宇宙におけるダークマタ―問題とその直接探索”(基調講演) 2016年度日本写真学会年次大会 2016年6月8日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス

2015年度

  • 98 :身内賢太朗 “Dark Matter Direct Searches” 島根大学素粒子論研究室セミナー 2015年8月1日
  • *97:寄田浩平 「ANKOK実験8:気液2相型アルゴン光検出器による暗黒物質探索」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • *96:木村眞人 「ANKOK実験9:背景事象の理解と低閾値化」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • *95:矢口徹磨 「ANKOK実験10:発光位置同定手法の構築と検証」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • *94:中新平 「ANKOK実験11:新容器(200L)の製作及び液体アルゴンの純化・保持システムの構築」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • *93:鷲見貴生 「ANKOK実験12:本実験に向けた検出器設計と今後の展望」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 92:菊地崇矩「液体シンチレータを用いた環境高速中性子エネルギースペクトルの算出」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 91:田中雅士「中性子測定コンソーシアム」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月19日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 90: 帝釋稜介「3He比例計数管を用いた中性子測定」(神戸大学M1 )
  • 89: 菊地崇矩 「液体シンチレータを用いた環境高速中性子エネルギースペクトルの算出」第5回B02班主催若手研究会2016年3月15日 徳島大学
  • 88: 浅田貴志 「原子核乾板による方向感度を持つ環境中性子測定実験の報告」第5回B02班主催若手研究会2016年3月15日 徳島大学
  • 87: 身内賢太朗 暗黒物質 
    JGFoSフォローアップ研究会(埼玉大学東京ステーションカレッジ) 2016年2月21日
  • 86: 身内賢太朗「NEWAGE」CRCタウンミーティング(東京大学柏キャンパス) 2015年12月21日
  • 85: 身内賢太朗 「ガス飛跡検出器による暗黒物質探索実験」平成27年度宇宙線研究所共同利用研究成果発表研究会(東京大学宇宙線研究所) 2015年12月18日
  • 84: 矢ヶ部遼太「NEWAGE実験39:CF4 0.1気圧中での反跳原子核の前後判定」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月21日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 83:池田智法 「NEWAGE実験38:陰イオンガスSF6ガスを用いたμTPCの研究」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月21日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 82:身内賢太朗 「NEWAGE実験37:地下実験報告」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月21日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 81:橋本隆「暗黒物質探索実験のための低バックグラウンドμ-PIC開発」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月22日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 80:帝釋稜介「神岡地下における3He比例計数管を用いた中性子フラックスの測定」日本物理学会 第71回年次大会, 2016年03月22日, 東北学院大学 泉キャンパス
  • 79:池田智法 「陰イオンを用いたマイクロTPCの基礎研究」第22回ICEPPシンポジウム2016年3月2日
  • 78:矢ケ部遼太 「中性子ビームによる反跳原子核の前後判定」 矢ケ部遼太 神戸大学若手フロンティア研究会2015 2015年12月25日 (加速器部門賞受賞)
  • 77: 池田智法 「SF6ガスを用いたマイクロPCの基礎研究」第12回MPGD研究会 4-5 December 2015年12月4日
  • 76:待井翔吾 「原子核乾板を用いた環境高速中性子フラックス及び方向分布の測定」日本物理学会年次大会 2016年3月19-22日、東北学院大学、仙台
  • 75:梅本篤宏 「エマルション暗黒物質探索実験NEWS(1) プラズモニクスを用いた飛跡検出性能の評価」日本物理学会年次大会 2016年3月19-22日、東北学院大学、仙台
  • 74:木村充宏 「エマルション暗黒物質探索実験NEWS(2) 超微粒子乳剤の低バックグラウンド化に向けた研究」日本物理学会年次大会 2016年3月19-22日、東北学院大学、仙台
  • 73: 中 竜大 「エマルジョン暗黒物質探索実験NEWS(3)~全体報告と今後の展望~」日本物理学会年次大会 2016年3月19-22日、東北学院大学、仙台
  • 72:吉本雅浩 「原子核乾板による環境高速中性子計測」第30回固体飛跡検出器研究会 2016年3月14-15日、福井大学(敦賀キャンパス)
  • 71:梅本篤宏 「局在表面プラズモン共鳴を応用した原子核乾板における超解像飛跡解析」第13回プラズモニクスシンポジウム、2016年1月22日、愛媛大学
  • 70: 浅田貴志 ”原子核乾板の本質的な分解能の限界の測定と解析への影響の評価” 画像関連学会連合会 第二回秋季大会、2015年11月20日、京都工芸繊維大学
  • 69: 古屋駿二 ”極低バックグラウンド超微粒子原子核乾板の開発~核阻止能によるフォノン励起を利用したアプローチ” 画像関連学会連合会 第二回秋季大会、2015年11月20日、京都工芸繊維大学
  • 68:帝釋稜介  ”神岡地下での中性子測定” 日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 67:矢ケ部遼太  ”NEWAGE実験36:反跳原子核の前後判定” 日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 66:池田智法  ”NEWAGE実験35:Z座標の絶対座標検出のための基礎試験” 日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 65:橋本隆  ”NEWAGE実験34:内部バックグラウンドの理解と低減” 日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • *64: 鈴木優飛 ”ANKOK実験7:背景事象の理解と対策”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • *63: 木村眞人 ”ANKOK実験6:シミュレーション構築と検出器の性能評価 ”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • *62: 田中雅士 ”ANKOK実験5:気液2相型アルゴン光検出器による暗黒物質探索”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 61: 木村充宏 ”エマルション暗黒物質探索実験(3)~超微粒子乳剤の低温化による電子バックグラウンド除去の研究~”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 60: 桂川貴義 ”エマルション暗黒物質探索実験(2)~電子バックグラウンド除去効率と飛跡検出効率の測定~”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 59: 浅田貴志 “エマルション暗黒物質探索実験(1)~現状と展望~”日本物理学会, 2015年秋季大会,2015年09月28日, 大阪市立大学
  • 58:木村眞人 早稲田大(M1) 「暗黒物質の存在証拠とその分布」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 久野光慧 名古屋大(M1) 「重力レンズとMACHO」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 中新平 早稲田大(M1) 「WIMP と原子核の反応レートについて」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 矢ケ部遼太 神戸大(D1) 「DM と原子核の相互作用について」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 鷲見貴生 早稲田大(D1) 「Low Mass WIMP の現象論」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 池田智法 神戸大(M1) 「Discretising the velocity distribution for directional dark matter experiments」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 藩晟 京都大(M2) 「Results from a fully fiducialised DRIFT detector」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 橋本隆 神戸大(M2) 「暗黒物質由来のスペクトル」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 50:市来浩勝 名古屋大(B4) 「Hidden Photon とDM」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年9月1日,早稲田大学
  • 帝釋稜介 神戸大(M1) 「中性子測定」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年8月31日,早稲田大学
  • 鈴木優飛 早稲田大(M1) 「環境中性子スペクトルのunfolding 解析」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年8月31日,早稲田大学
  • 菊地崇矩 早稲田大(B4) 「液体シンチレータを用いた環境中性子の測定」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年8月31日,早稲田大学
  • 吉本雅浩 名古屋大(D2) 「原子核乾板による中性子計測」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年8月31日,早稲田大学
  • 梅本篤宏 名古屋大(D1) 「Intrinsic neutron background of nuclear emulsions」, 「地下素核研究」計画研究B02第四回若手研究会,2015年8月31日,早稲田大学
  • 鷲見貴生  「ANKOK実験における中性子測定」」, 「地下素核研究」計画研究B02第三回若手研究会,2015年5月17日,神戸大学
  •  森下美沙希 「DAMA実験における中性子バックグラウンドの季節変動1」, 「地下素核研究」計画研究B02第三回若手研究会,2015年5月17日,神戸大学
  •  久野光慧  「DAMA実験における中性子バックグラウンドの季節変動2」, 「地下素核研究」計画研究B02第三回若手研究会,2015年5月17日,神戸大学
  •  横山寛至  「アルゴン中のU系列核種の量と時間依存性の測定」, 「地下素核研究」計画研究B02第三回若手研究会,2015年5月18日,神戸大学
  • 40:鈴木優飛  「アルゴン中の(α,n)反応について」, 「地下素核研究」計画研究B02第三回若手研究会,2015年5月18日,神戸大学
  • 39:中 竜大 “方向感度をもつ暗黒物質探索の基礎研究”2015年領域研究会,2015年5月16日 神戸大学

2014年度

  • 38:橋本隆 “NEWAGE実験33:高感度化のための研究”日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 37:稲田知大 “NEWAGE実験32:地下実験経過報告”日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 36:浅田貴志”エマルジョン暗黒物質探索実験(1)~全体報告~” 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 桂川貴義”エマルジョン暗黒物質探索実験(2)~解析装置の性能向上~” 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 梅本篤宏”エマルジョン暗黒物質探索実験(3)~超解像技術を用いた飛跡解析法の研究開発~” 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • *鷲見貴生,「アルゴン蛍光128nmに感度のあるMPPCの性能評価」 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 鈴木優飛,「アルゴンを用いた検出器の方向感度化に関する基礎研究」 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • *木村眞人,「ANKOK実験 4:現状の課題と今後の展望」 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • *川村将城,「ANKOK実験 3:背景事象の理解と低減」 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • *加地俊瑛,「ANKOK実験 2:原子核・電子反跳事象の分離能力評価」 日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • *藤崎薫,「ANKOK実験 1:気液2相型アルゴン光検出器による暗黒物質探索」日本物理学会, 第70回年次大会,2015年03月24日, 早稲田大学
  • 身内賢太朗”NEWAGEにおけるラドンバックグラウンド” ,2014年 3月 10日, 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,「極低放射能技術」研究会
  • 身内賢太朗”方向感度検出器の課題” ,2014年 3月 10日, 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,「極低放射能技術」研究会
  • 中竜大”Background Study for Directional DM search with Nuclear Emulsion” ,2014年 3月 10日, 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,「極低放射能技術」研究会
  • 30:身内賢太朗”ガス飛跡検出器による暗黒物質探索実験”,平成26年度宇宙線研究所共同利用研究成果発表研究会(東京大学宇宙線研究所) 2014年12月13日
  • 鷲見貴生 ANKOK 早稲田大 (M2) VUVMPPC の性能評価, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 鈴木優飛 ANKOK 早稲田大 (B4) ガスアルゴン検出器設計, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 橋本隆 NEWAGE 神戸大 (M1) NEWAGE :高感度化のための研究, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 浅田貴志 NEWS(仮) 名古屋大 (D2) F研について/Dark Matter Search with Emulsion, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 待井翔吾 NEWS(仮) 名古屋大 (M1) 高速中性子検出用原子核乾板の開発, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 桂川貴義 NEWS(仮) 名古屋大 (D2) サブミクロン飛跡の読み出し, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 西尾晃 Muon Radiography 名古屋大 (M1) 宇宙線ミューオンで原子炉を透視する, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 田中阿由菜 NEWS(仮) 名古屋大 (M1) GS レポート, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 梅本篤宏 NEWS(仮) 名古屋大 (M2) 暗黒物質方向探索実験における超解像飛跡解析, 「地下素核研究」計画研究B02第二回若手研究会,2014年12月6,7日,名古屋大学
  • 20:橋本隆 “NEWAGE”(ポスター発表、優秀発表賞受賞),神戸大学理学部サイエンスフロンティア研究会,2014年10月25日, 神戸大学
  • 古屋駿二”超微粒子原子核乾板における低バックグラウンド化に向けた研究開発” 日本物理学会, 秋季大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 17梅本篤宏”暗黒物質方向探索実験における表面プラズモン共鳴を利用した飛跡解析” 日本物理学会, 秋季大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 桂川貴義”エマルジョン暗黒物質探索実験に向けた開発状況2~検出効率に関する研究~” 日本物理学会, 秋季大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 中竜大”エマルジョン暗黒物質探索実験に向けた開発状況1~デバイス開発状況~” 日本物理学会, 秋季大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • *鷲見貴生 “ANKOK実験 本検出器製作に向けた現状の課題と今後の展望” 日本物理学会, 第70回年次大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • *五十嵐貴弘 “気液2相型アルゴン光検出器における背景事象評価” 日本物理学会 第70回年次大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • *加地俊瑛 “気液2相型アルゴン光検出器の蛍光(S1・S2)基礎特性” 日本物理学会 第70回年次大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • *藤崎薫 “気液2相型アルゴン光検出器による暗黒物質探索(ANKOK実験)” 日本物理学会 第70回年次大会, 2014年09月21日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 山口祐史郎 ”NEWAGE実験31:暗黒物質探索実験における反跳原子核の前後判定”, 日本物理学会 第70回年次大会, 2014年09月18日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 10:橋本隆 ”NEWAGE実験30:高感度化のための研究”, 日本物理学会 第70回年次大会, 2014年09月18日, 佐賀大学 本庄キャンパス
  • 9:橋本隆 “放射平衡について”, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 8:浅田貴志 :エマルジョン, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 7:桂川貴義  :エマルジョンとパズル, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 6:吉本雅浩   :エマルジョン読み取り装置, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 5:藤崎薫 私とアルゴン, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 4:鷲見貴生  :蒸着装置と液面計の制作, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 3:鈴木優飛   :5時間のバルブ操作, 「地下素核研究」計画研究B02第一回若手研究会,2014年8月24日,神戸大学
  • 2:身内賢太朗 ”低バックグラウンド技術を応用した 方向感度を持つ暗黒物質探索の基礎研究 ,「地下素核研究」第一回研究会, 2014年 8月 23日 大阪大学 豊中キャンパスシグマホール
  • 1:身内賢太朗 ”暗黒物質直接探索”, 基研研究会 素粒子物理学の進展2014, 2014年 7月 29日 京都大学 基礎物理学研究所

国内会議発表(口頭発表)

アウトリーチ・セミナー

  • 20:田中雅士 早稲田オープン・イノベーション・フォーラム2019 “素粒子実験で用いる半導体光センサー”, ベルサール汐留, 2019年3月5日
  • 19:中竜大 愛知県立一宮高等学校SSH “「音速を測る」実験報告会 講評/ 講演「素粒子宇宙物理学~ 自然原理の探求~」”, 一宮高校, 2018年12月18日
  • 18:中竜大 愛知県立一宮高等学校SSH “「音速を測る」実験報告会 講評/ 講演「暗黒宇宙と素粒子物理学」”, 一宮高校, 2017年12月2日
  • 17:身内賢太朗 暗黒物質
    2016年度 東京大学宇宙線研究所 宇宙・素粒子スプリングスクール
    2017年3月8日
  • 16:身内賢太朗 NEWAGE 2016年12月2日seminar at Hawasii University department of physics
  • 15: 身内賢太朗 宇宙線観測装置の最前線 2016年度 第46回 天文・天体物理若手夏の学校 2016年7月27日
  • 14: 田中雅士 東濃地科学センターセミナー 「宇宙最大の謎”ダークマターをとらえる~見えない物質をどのように検出するか」、瑞浪市、岐阜県、2017年3月26日
  • 13:中竜大 あいちサイエンスフェスティバル2016 in 蒲郡 「ノーベル賞受賞者 梶田隆章氏 講演会」(中継・サテライトイベント)サテライトゲスト 「素粒子物理と暗黒宇宙」、2016年10月8日 蒲郡生命の海科学館(蒲郡市、愛知県)
  • 12:身内賢太朗 明石市立天文科学館 2016年11月プラネタリウム「暗黒物質の謎をさぐる」製作協力・映像出演
  • 11:身内賢太朗 「素粒子と宇宙」兵庫県立星陵高等学校 模擬授業 2016年10月28日
  • 10:身内賢太朗8th Science E-Cafe: Dark Matter in The Universe; NESCAFÉ Sannomiya, Kobe 2016年6月3日
  • 9: 中竜大 東濃地科学センターセミナー 「謎多きニュートリノの世界~素粒子物理学はどこへ向かうのか」、瑞浪市、岐阜県、2015年3月5日
  • 8:中竜大 愛知県立一宮高等学校SSH “「音速を測る」実験報告会 講評/ 講演「暗黒宇宙と素粒子物理学」”, 一宮高校, 2015年12月18日
  • 7:中竜大 “あいちサイエンスフェスティバル2015 パネルディスカッション” 名古屋大学 2015年9月19日
  • 6:身内賢太朗 宇宙の未知粒子 「暗黒物質」を探る 徳島大学 日本物理学会 四国支部 チュートリアル講演会 2015年8月2日
  • 5:身内賢太朗 宇宙の未知粒子 「暗黒物質」を探る 2015年8月1日 島根大学 ヒッグス・初期宇宙プロジェクトセンター 一般講演会
  • 4:身内賢太朗 武庫川女子大学生活美学研究所 平成26年度第4回定例研究会  指定討論者 2015年1月31日
  • 3:中竜大“「素粒子・放射線を”見る”はなし」” 名古屋大学オープンレクチャー2015 2015年3月21日
  • 2:身内賢太朗 “「一時間でわかる暗黒物質」”甲南大学セミナー 2014年11月21日
  • 1:身内賢太朗 “「素粒子・宇宙・暗黒物質」”  日本スペースガード協会関西支部 2014年7月12日

メディア掲載等

  • 6:建築と社会2018年11月号「宇宙のおもさを測る」 身内賢太朗
  • 5:月間みんぱく2016年8月号ながなんぢゃ「暗黒物質!なんなんぢゃ?」 身内賢太朗
  • 4:素粒子実験の世界 秋本祐希著 洋泉社 (取材協力(身内賢太朗))
  • 3:(特集:暗黒物質に異説)「暗黒物質を捉える」日経サイエンス2015年10月号(取材協力(身内賢太朗,中竜大))
  • 2:テレビ朝日 2015年7月23日 報道ステーション (解説(身内賢太朗))
  • 1: なぜ?ど~して?科学の図鑑 永岡書店 (取材協力(身内賢太朗))

受賞

  • 17:神戸大学理学部サイエンスフロンティア研究会 優秀発表賞受賞,橋本隆 “NEWAGE”(ポスター発表),2016年10月, 神戸大学
  • 16:身内賢太朗 神戸大学 学長表彰 平成30年10月
  • 15: 中澤美季 平成29年度優秀修士論文賞 修士論文 題目「到来方向に感度を持つ暗黒物質直接探索実験における 陰イオン3次元飛跡検出器用読み出し回路の開発」 2018年3月 神戸大学
  • 14: 轟祈,最優秀ポスター賞,”Potential of emulsion as environmental neutron detector in underground laboratory”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 13: 木村真人,優秀ポスター賞,”Measurement of the scintillation efficiency for nuclear recoils in double-phase argon detector for low mass WIMP search”, International symposium on revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, Tohoku University, 7-9 Feb 2019
  • 12: 第8回高エネルギー物理春の学校 特別賞 青山一天  「ANKOK実験における光量最大化の取り組み」(ポスター発表), 2018年5月17-19日、北小松
  • 11:身内賢太朗 神戸大学学長表彰 平成29年10月
  • 10: 多田智美 2017年度 原子核三者若手夏の学校 優秀発表賞 題目「Nano Imaging Tracker の重イオン実験への応用可能性の検討」2017年8月21-26日,国立オリンピック記念青少年総合センター
  • 9: 多田智美 2017年度写真学会年次大会最優秀ポスター賞 題目「dE/dxの異なる放射線による潜像の酸化還元電位の測定」2017年6月20-21日 一橋大学
  • 8: 帝釈稜介 平成28年度優秀修士論文賞 修士論文 題目「方向に感度のある暗黒物質探索実験におけるバックグラウンドの研究」 2017年3月 神戸大学
  • 7:コニカミノルタ科学技術振興財団写真研究奨励金、中竜大、梅本篤宏 「光学顕微鏡でナノスケール情報を取り出す原子核乾板解析における新技術開発」2016年6月8日
  • 6:日本写真学会年次大会最優秀ポスター賞、  浅田貴志 「原子核乾板の検出能力限界の測定と評価」2016年6月9日
  • 5:神戸大学若手フロンティア研究会2015加速器部門賞受賞、  矢ケ部遼太 「中性子ビームによる反跳原子核の前後判定」2015年12月25日
  • 4: 1st ICAI2015 -International Conference on Advanced Imaging Best Paper Award, Takashi Asada et al., “The Simulation about Effects of Micro Construction in the Nuclear Emulsion”, 19th June 2015, National Center of Science, Tokyo, JAPAN
  • 3:神戸大学理学部サイエンスフロンティア研究会 優秀発表賞受賞,橋本隆 “NEWAGE”(ポスター発表),2014年10月25日, 神戸大学
  • 2:2014年夏季放射線研究会 応用物理学会放射線分科会ポスター賞, 吉本雅浩「暗黒物質探索実験のための地下環境の中性子測定」, 2014年8月6日, 高知市
  • 1:2014年夏季放射線研究会 応用物理学会放射線分科会ポスター賞, 梅本篤宏「暗黒物質方向探索実験における局在表面プラズモン共鳴現象を用いた飛跡解析の新手法」, 2014年8月6日, 高知市

学位論文(博士)

  • 5: 橋本隆 博士論文 題目「Development of a low-background particle detector for a direction sensitive dark matter search」2019年1月 神戸大学
  • *4: 鷲見貴生 博士論文 題目「暗黒物質探索のための気液2 相型アルゴン検出器における電子反跳背景事象除去能力に関する研究」2018年11月 早稲田大学
  • 3: 矢ヶ部遼太 博士論文 題目「Direction-sensitive direct dark matter search with a three dimensional tracking gaseous detector」2018年1月 神戸大学
  • 2: 桂川貴義 博士論文 題目「原子核乾板を用いた暗黒物質の方向探 索実験に向けた解析システムの開発と検出器開発への応用」2017年3月 名古屋大学
  • 1: 浅田貴志 博士論文 題目「暗黒物質の到来方向検出を可能とする新型超微粒子原子核乾板を用いた低エネルギー粒子飛跡検出技術の開発」2017年3月 名古屋大学

学位論文(修士)

  • 17: ピーダーセン 珠杏  修士論文 題目「 暗黒物質方向感度検出器開発のための中性子によるZnWO4シンチレータの異方性の測定」 2019年東京大学
  • 16: 飯島 耕太郎 修士論文 題目「NaI検出器中の放射線不純物の測定」 2019年2月 早稲田大学
  • 15: 石浦宏尚 修士論文 題目「方向に感度を持つ暗黒物質直接探索実験に用いる3次元飛跡検出器のための陰イオンガス中MPGD基礎特性の研究」 2019年2月 神戸大学
  • 14: 福澤佑哉 修士論文 題目「超微粒子原子核乾板における局在表面プラズモン共鳴スペクトルを利用した多変数解析による飛跡識別手法の開発と実証」 2019年2月 名古屋大学
  • 13: 小林龍太 修士論文 題目「超微粒子原子核乾板中に記録されたsub-μm飛跡読み取り高速化に向けた研究及び位相差光学系を用いた新解析手法の開発」 2019年2月 名古屋大学
  • 12: 多田智美 修士論文 題目「重粒子線を用いた超微粒子原子核乾板における電荷識別能評価および検出原理考究」 2019年2月 名古屋大学
  • 11: 市来浩勝 修士論文 題目「超微粒子原子核乾板の荷電粒子に対する発光応答に関する研究」 2018年2月 名古屋大学
  • 10: 中澤美季 修士論文 題目「到来方向に感度を持つ暗黒物質直接探索実験における 陰イオン3次元飛跡検出器用読み出し回路の開発」 2018年2月 神戸大学
  • 9: 池田智法 修士論文 題目「方向に感度を持った暗黒物質探索実験のための陰イオン3次元飛跡検出器の研究」 2017年2月 神戸大学
  • 8: 帝釈稜介 修士論文 題目「方向に感度のある暗黒物質探索実験におけるバックグラウンドの研究」 2017年2月 神戸大学(平成28年度優秀修士論文賞受賞)
  • 7: 鈴木優飛 修士論文 題目「神岡地下実験室における液体シンチレータを用いた環境中性子測定」 2017年2月 早稲田大学
  • 6: 五十嵐貴弘 修士論文 題目「Ar 蛍光 128nm に直接感度を持つ新型 VUV-MPPC の性能評価」 2016年2月 早稲田大学
  • 5: 待井翔吾 修士論文 題目「方向感度を持った中性子計測のための原子核乾板及び読み取りシステムの開発」 2016年2月 名古屋大学
  • 4:古屋駿二 修士論文 題目「超微粒子原子核乾板による暗黒物質直接探索に向けた極低バックグラウンドデバイスの開発及び潜像形成メカニズムの研究」2016年2月 名古屋大学
  • 3:橋本隆   修士論文 題目「到来方向に感度を持つ暗黒物質直接探索実験NEWAGE における感度向上のためのバックグラウンドの理解及び低減の研究」  2016年2月 神戸大学
  • 2:山口祐史郎   修士論文 題目「到来方向に感度を持つ暗黒物質直接探索実験NEWAGEにおける反跳原子核飛跡の前後判定の研究」  2015年2月 神戸大学
  • 1:梅本篤宏  修士論文 題目「超微粒子原子核乾板における局在表面プラズモン共鳴を応用した超解像飛跡解析技術の研究開発」 2015年2月 名古屋大学

宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

Copyright(c) 2015 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 All Rights Reserved.