Home » C01研究成果

C01研究成果 

C01 超新星背景ニュートリノ観測による星形成の歴史の研究

論文発表

    • ○P.K.Das, K.Hagiwara, T.Tanaka Y.Yamada, I.Ou, M.S.Reen, T.Yano, T.Mori, T.Kayano, R.Dhir, Y.Koshio, M.Sakuda, A.Kimura, N.Iwamoto, S.Nakamura and H.Harada.  Measurement of the relative intensities of thediscrete γ rays from the thermal neutron capture reaction 155,157Gd (n, γ) using ANNRI detector (JPARC), PoS (KMI 2017) 045, 4pages.

    • ○K.Hagiwara, T.Tanaka, P.K.Das T.Yano, Y.Yamada, I.Ou, T.Mori, T.Kayano, M.S.Reen, R.Dhir, Y.Koshio, M.Sakuda, A.Kimura, S.Nakamura, N.Iwamoto and H.Harada, Comparison of γ production data from thermal neutron capture on gadolinium with the Monte Carlo simulation, PoS (KMI2017) 035, 6pages.
    • ○S. Ito, Y. Takaku, M. Ikeda, Y. Kishimoto, Determination of trace levels of uranium and thorium in high purity gadolinium sulfate using the ICP-MS with solid-phase chromatographic extraction resin, Prog. Theor. Exp. Phys. 113H01 (2017)arXiv:1709.03417

    • ○Ken’ichiro Nakazato, Hideyuki Suzuki and Hajime Togashi, Heavy nuclei as thermal insulation for protoneutron stars, Physical Review C 97 (2018) 035804, 5 pages. http://dx.doi.org/10.1103/PhysRevC.97.035804

    • ○Hajime Togashi, Ken’ichiro Nakazato, Yuta Takehara, Sachiko Yamamuro, Hideyuki Suzuki and Masatoshi Takano, New Table of Supernova Equation of State Using a Variational Method and Its Application to Astrophysical Compact Objects, JPS Conference Proceedings 20 (2018) 011021, 5 pages.http://dx.doi.org/10.7566/JPSCP.20.011021

    • ○Furusawa, H. Togashi, H. Nagakura, K. Sumiyoshi, S. Yamada, H. Suzuki and M. Takano, A new equation of state for core-collapse supernovae based on realistic nuclear forces and including a full nuclear ensemble, J. Phys. G: Nucl. Part. Phys. 44 (2017) 094001 (23pp). https://doi.org/10.1088/1361-6471/aa7f35

    •  ○S.X.Nakamura, Y.Hayato, M.Hirai, W.Horiuchi, H.Kamano, S.Kumano, T.Murata, K.Saito, M.Sakuda, T.Sato, Towards a Unified Model the Neutrino-Nucleus Reactions, Rep. Prog. Phys. 80 (2017) 056301 -1-38;https://doi.org/10.1088/1361-6633/aa5e6c

 

    • ○K. Nakazato, E. Mochida, Y. Niino and H. Suzuki, Detectability and Uncertainties of the Supernova Relic Neutrino Background, JPS Conf. Proc. 14, 010705-1-4 (2017) [4pages]. DOI:10.7566/JPSCP.14.010705

 

    • ○ S. Furusawa, K. Sumiyoshi, S. Yamada and H. Suzuki, Supernova equations of state including full nuclear ensemble with in-medium effects, Nucl. Phys. A957 (2017) 188-207. DOI:10.1016/j.nuclphysa.2016.09.002

 

    • ○ H. Togashi, K. Nakazato, Y. Takehara, S. Yamamuro, H. Suzuki and M. Takano, Nuclear equation of state for core-collapse supernova simulations with realistic nuclear forces, Nucl. Phys. A961 (2017) 78-105. DOI:10.1016/j.nuclphysa.2017.02.010

 

    • ○ K. Abe et al. (Super-K Collab.), Real-Time Supernova Neutrino Burst Monitor at Super-Kamiokande, Astroparticle Physics 81,39-48(2016); DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.astropartphys.2016.04.003

 

    • ○ I.Ou, Rohit Dhir, M.Sakuda, Y.Yamada, T.Shirahige, D.Fukuda, T.Yano,T.Mori, Y.Koshio, A.Tamii, N.Aoi, M.Yosoi, E.Ideguchi, T.Suzuki, C.Iwamoto, T.Ito, M.Miura, T.Yamamoto, T.Kawabata, S.Adachi,M.Tsumura, M.Murata, T.Furuno, H.Akimune and H.Nakada, Measurement of γ-rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection, JPS Conf. Proc. 12, 010048-1-7 (2016) [7pages],DOI: http://dx.doi.org/10.7566/JPSCP.12.010048

 

    • ○ K.Nakazato, Y.Niino, and N.Sago, Gravitationl Wave Background from Binary Mergers and Metallicity Evolution of Galaxies, Astrophys. J. 832 (2016) 146-1-10 [10pages]. DOI:10.3847/0004-637X/832/2/146

 

    • ○ Y.Zhang et al.(Super-K Collab.), First measurement of radioactive isotope production through cosmic-ray muon spallation in Super-Kamiokande IV, Phys.Rev. D93 (2016) 1, 012004-1-12, DOI: 10.1103/PhysRevD.93.012004

 

    • ○ K.Abe et al. (Super-K Collab.), Search for Neutrinos in Super-Kamiokande associated with Gravitational Wave Events GW150914 and GW151226, Astrophys.J. 830 (2016) no.1, L11.

 

    • ○ K.Abe et al. (Super-K Collab.), Solar Neutrino Measurements in Super-Kamiokande-IV, Phys.Rev. D94 (2016) no.5, 052010

 

    • ○ T.Kajita et al.(Super-K Collab.), Establishing atmospheric neutrino oscillations with Super-Kamiokande, Nucl.Phys. B908 (2016) 14-29.

 

    • ○ I. Ou, M.Sakuda, Y.Koshio et al., RCNP E398 16O,12C(p,p’) experiment: Measurement of the γ-ray emission probability from giant resonances in relation to 16O,12C(ν,ν’) reactions, AIP Conf.Proc. 1663 (2015) 120012-1-4, DOI: 10.1063/1.4919518

 

    • ○ S.X. Nakamura, Y. Hayato, M. Hirai, H. Kamano, S. Kumano, M.Sakuda, K. Saito, T. Sato, Toward Construction of the Unified Lepton-Nucleus Interaction Model from a Few Hundred MeV to GeV Region, AIP Conf.Proc. 1663 (2015) 120010-1-4, DOI: 10.1063/1.4919516

 

    • ○ K. Nakazato, E. Mochida, Y. Niino, H. Suzuki, Spectrum of the Supernova Relic Neutrino Background and Metallicity Evolution of Galaxies, The Astrophysical Journal 804 (2015) 75-1-15, DOI: 10.1088/0004-637X/804/1/75

 

    • ○ K. Nakazato, Supernova Explosion and Black Hole Formation with QCD Phase Transition, Acta Astronomica Sinica 56 Supplement (2015) 49-51, Proceedings of Quarks and Compact Stars

 

    • ○ A.Ankowski, O.Benhar and M.Sakuda, “Improving the accuracy of neutrino energy reconstruction in charged-current quasielastic scattering off nuclear targets”, Physical Review D誌、査読有、D91 (2015) 033005-1-11, DOI: 10.1103/PhysRevD.91.033005

 

    • ○ I.Ou, T. Yano, Y. Yamada, T. Mori, T. Kayano, M. Sakuda, A. Kimura, and H. Harada, Measurement of the Energy, Multiplicity and Angular Correlation of Gamma-rays from the Thermal Neutron Capture Reaction Gd(n,gamma), JPS Conf. Proc. Vol.1, 013053-1-6 (2014), DOI: 10.7566/JPSCP.1.013053

 

    • ○ I.Ou, T. Yano, Y. Yamada, T. Mori, T. Kayano, M. Sakuda, A. Kimura, and H. Harada, Measurement of the energy, multiplicity and angular correlation of gamma-rays from the thermal neutron capture reaction Gd(n,gamma) using ANNRI, AIP Conf. Proc. 1594, 351 (2014), DOI: http://dx.doi.org/10.1063/1.4874094

 

    • ○ H.Zhang et al.(Super-K Collab.), “Supernova Relic Neutrino search with neutron tagging at   SuperKamiokande-IV”, Astropart.Phys.60,41-46(2015), DOI:10.1016/j.astropartphys.2014.05.004

 

    • ○ Chikako Ishizuka, Takuma Suda, Hideyuki Suzuki, Akira Ohnishi, Kohsuke, Sumiyoshi, and Hiroshi Toki , EOSDB: The database for nuclear equations of state, Publ. Astron. Soc. Jpn 67, 2015, 13-29, DOI: 10.1093/pasj/psu141

 

国際会議発表

    • ○Hideyuki Suzuki, Neutrinos emitted from supernovae and proto-neutron stars (ポスター発表), International Workshop of Unification and Development of the Neutrino Science Frontier, March 5-6, Kyoto University, Kyoto, Japan.

    • ○Makoto Sakuda, Measurement of gamma rays from hadronic decay and electromagnetic decay of giant resonances of 16O and 12C, Presented at Frontiers In Gamma Spectroscopy (FIG 2018), March 12-14, 2018, TIFR, Mumbai, India.

    • ○Mandeep Reen, E398: Measurement of electromagnetic direct decays from the giant resonances of 12C, Poster Presentation at Frontiers In Gamma Spectroscopy (FIG 2018), March 12-14, 2018, TIFR, Mumbai, India.

    • ○Sudo Takashi、Measurement of γ-rays from hadronic decay of giant resonances of 12C and 16O with application to supernova neutrino detection, Poster Presentation at Frontiers In Gamma Spectroscopy (FIG 2018), March 12-14, 2018, TIFR, Mumbai, India.

    • ○Mandeep Singh Reen “Measurements of gamma rays from the giant resonances of 12C and comparison with the hadronic decay model calculations, presented at CAGRA17 Workshop, October 11, 2017, RCNP, Osaka University, Japan.

    • ○Sudo Takashi、“Importance of the in-situ gain calibration for the γ-ray counter in X(p,p’γ) experiment”、(CAGRA17)、International Workshop on “Physics Opportunities using CAGRA and RCNP tracking Ge detector”, Osaka University 10-12 Oct 2017.

    • ○Mandeep Singh Reen,  Calculations for 12C and 16O decays via p, n, d and alpha channels using the decay model (CASCADE) and comparison with E398 measurements,  presented at JPS meeting, March 20, 2017, Osaka University, Japan.

    • ○Sudo Takashi、“Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection” (Poster)、Nuint2017 11th International Workshop on Neutrino-Nucleus Scattering in the Few-GeV region、Canada 、25-30, June, 2017

    • ○Mandeep Singh Reen, Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection” , (POSTER) presented at NuInt 2017, June 27,2017 University of Toronto, Canada.

    • ○Makoto Sakuda, Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection, Presented at CAGRA17, October 11,2017, RCNP, Osaka University, Japan.

    • ○作田 誠、炭素・酸素の巨大共鳴からのγ線生成データ(RCNP-E398)と光学模型を使った崩壊計算、京都大学基礎物理学研究所研究会「核力に基づく核構造・核反応物理の展開」での講演、3月28日、2017年.

    • ○Sebastian Lorenz, Measurement of gamma rays from thermal neutron capture on gadolinium and the comparison with the Monte Carlo simulation, (Plenary talk), presented at NuInt 2017, June 27,2017 University of Toronto, Canada.

    • ○S,Ito, ICP-MS measurement, Physics of Fundamental Interactions, May 23-27, Seoul, Korea, (Talk)

    • ○G.Pronost, EGADS analysis, ICRC 2017, July 12-20, Busan, Korea, (Poster)

    • ○S.Ito, RI background reduction for SK-Gd, ICRC 2017, July 12-20, Busan, Korea, (Poster)

    • ○H.Sekiya, SK-Gd and supernova neutrinos, TAUP 2017, July 24-28, Sudbury, Canada (Talk)

    • ○中畑雅行、Neutrino experiments at Kamioka、The 3rd Toyama International Workshop on “Higgs as a Probe of New Physics 2017″, Toyama 2017/3/1-5

 

    • ○H.Suzuki, SN1987A Theoretical research, Workshop on Supernova at Hyper-Kamiokande, Tokyo University, 12-13 February, 2017

 

    •  ○M.Nakahata, Supernova neutrino detection overview,8th Symposium on Large TPCs for Low-Energy Rare Event Detection, Paris, France, 2016/12/7

 

    •  ○M.Nakahata, Neutrino experiments — 30 years at Kamioka –, International workshop on “Double beta decay and underground science”, Osaka, 2016/11/8

 

    • ○ H.Sekiya, Super-Kamiokande Gd project (poster), ICHEP2016, Chicago, USA, 2017/08/3-10

 

    • ○ H.Sekiya, Supernova neutrinos in SK-Gd and other experiments, Neutrino 2016, London, UK, 2016/7/4

 

    • ○ M.Nakahata, Supernova neutrinos and Supernova Relic Neutrinos using a Water Cherenkov, Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, Tokyo, 2016/5/13

 

    • ○ M.Sakuda, Study of Gamma-ray Production from Giant Resonance of 12C and 16O in (p,p’) Reactions, In International Workshop on Neutrino Nuclear Responses for Double Beta Decays and Astro-Neutrino Interactions (NNR16), RCNP, Osaka University, September 29-30, 2016.

 

    • ○ M.Sakuda, The Gamma production from Giant Resonances of Carbon/Oxygen at Low Energy (10-100MeV) and Importance to Supernova Physics, International Workshop on Frontiers in Electroweak Interactions of Leptons and Hadrons, Arigarh Muslim University, 2-6 November, 2016.

 

    • ○ B. Dasgupta、 Temporal Instability of Supernova Neutrinos、 ICRR Seminar、 宇宙線研究所、2016年5月16日

 

    • ○ K. Hagiwara, Gamma Production from the Thermal Neutron Capture on Natural Gadolium, Gd-155 and Gd-157 (ポスター発表), 新学術「地下素核研究]国際会議, 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ B. Dasgupta, Review of SN theory, 新学術「地下素核研究]国際会議, 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ H. Umeda, Recent progress in supernova progenitor theories, 新学術「地下素核研究], 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ K. Nakazato, Theoretical study of supernova relic neutrinos, 新学術「地下素核研究], 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ Ko Nakamura, Supernova as sources of multi-messenger signals

 

    • ○ T. Yoshida, The final evolution of massive stars observed by pre supernova neutrinos, 新学術「地下素核研究], 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ C. Kato, Properties of pre-supernova neutrino in collapsing phase ~ towards comprehensive neutrino studies, 新学術「地下素核研究], 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ M. Wurm, Prospects for detecting the Diffuse Supernova Neutrino Background in JUNO, 新学術「地下素核研究], 東京大学, 2016年5月11日-13日

 

    • ○ T.Yano, Measurement of gamma-ray production from thermal neutron capture on Gadolinium for neutrino experiments(ポスター発表), VCI2016, Vienna, 2016年2月15日-19日

 

    • ○ T.Yano, A study of gamma-ray production from thermal neutron capture on Gadolinium (ポスター発表), NNN15, Stony Brook, 2015年10月28日-31日

 

    • ○ M. Sakuda, Measurement of γ-rays from 
the thermal neutron capture of natural gadolinium, Gd-155 and Gd-157 Targets OMEG2015、北京、2015年6月27日

 

    • ○ 王岩, Measurement of γ-rays from 
giant resonances of 12C and 16O
in relation to supernova neutrino detection OMEG2015、北京、2015年6月27日

 

    • ○ 萩原開人、Measurements of neutron capture gamma-rays from the reaction of gadolinium isotopes at the J-ANNRI/MLF/ANNRI (ポスター発表) OMEG2015、北京、2015年6月6月26日

 

    • ○ 萩原開人、Gamma production from thermal neutron capture on natural gadolinium, 155Gd and 157Gd (ポスター発表) NuINT15、大阪大学、2015年11月16日-21日

 

    • ○ Y. Koshio, Summary of the session 6, Low energy neutrino scattering NuInt15、大阪大学、2015年11月16日-21日

 

    • ○ M.Sakuda, Summary of the Electron Scattering Session, Electron-Nucleus Scattering, NuInt15、大阪大学、2015年11月16日-21日

 

    • ○ H. Suzuki, Neutrino spectra from supernova events, NuInt15、大阪大学、2015年11月16日-21日

 

    • ○ P. Fernandez, GADZOOKS!: Status and physics potential, ICRC2015, Hague, Netherland, July 30- August 6, 2015 (poster)

 

    • ○ M.Ikeda, GADZOOKS! project at Super-Kamiokande, WIN2015, Heidelberg, Germany, June 6-13, 2015

 

    • ○ C. Xu, Current status of GADZOOKS!, Osaka, Japan, June17-20, 2015 (poster)

 

    • ○ C. Xu, Current status of SK-Gd project and EGADS, Torino, Italy, Sep.7-11, 2015 (poster)

 

    • ○ H. Sekiya, LowE neutrino in SK, Torino, Italy, Sep.7-11, 2015

 

    • ○ M. Ikeda, SK and SK-Gd, Stony Brook University, USA, Oct. 28-31, 2015

 

    • ○ R. Akutsu, Rayleigh scattering measurement, Stony Brook University, USA, Oct. 28-31, 2015 (poster)

 

    • ○ K. Nakazato, Spectrum of the Supernova Relic Neutrino Background, Numazu Workshop 2015: Challenges of modeling supernovae with nuclear data、三島商工会議所、2015年9月1日~4日

 

    • ○ M. Nakahata, Recent results from Super-Kamiokande,XVI International Workshop on  Neutrino Telescopes, Venice, Italy, March 2-6, 2015.

 

    • ○ T.Mori for the Super-Kamiokande Collaboration, Prospect for detection of supernova neutrino, Neutrino Oscillation Workshop2014, Italy, Sep. 2014

 

    • ○ M. Sakuda, Charged current and Neutral current neutrino-nucleus interaction in the 100 to 1000MeV region, NNR14 Workshop, RCNP, Osaka University, 2014/11/5-11/6.

 

    • ○ M. Sakuda, Charged current and Neutral current neutrino-nucleus interaction from 100MeV to 1 GeV, Elba2014 Workshop, Elba Island, 2014/6/23-28,2014

 

    • ○ M. Nakahata, “Supernovae Neutrino detectors”, Proceedings of VHEPU conference, Aug. 3-9, 2014,

 

    • ○ M. Vagins, Zen and the Art of Gadolinium-Loaded Water Cherenkov Detectors, 24th Workshop on General Relativity and Gravitation (JGRG24), Kashiwa, Chiba, Japan, November 10-14, 2014

 

    • ○ M. Vagins, Gd Doping R&D,   15th International Workshop on Next generation Nucleon Decay and Neutrino Detectors (NNN14), Paris, France, November 4-6, 2014

 

    • ○ M. Vagins, Gd Loading in Water,   Advances in Neutrino Technology (ANT2014), Los Angeles, California, USA, September 22-24, 2014

 

    • ○ M. Nakahata, Supernovae Neutrino detectors,  VHEPU conference,Quy Nhon, Vietnam, Aug. 3-9, 2014

 

    • ○ L. M. Magro, EGADS approaching GADZOOKS!, 3rd International Conference on New Frontiers in Physics, Crete, Greece, July. 28-Aug.6, 2014

 

    • ○ P.Fernandez, “Status of GADZOOKS!: Neutron tagging in Super-Kamiokande”, Proceedings of ICHEP2014, July. 2-9, 2014

 

    • ○ Ken’ichiro Nakazato, “Stellar core collapse with QCD phase transition”, Compact Stars in the QCD Phase diagram IV 国際会議,  Prerow, Germany, 9月26- 29日, 2014.

 

    • ○ Ken’ichiro Nakazato,”Supernova Explosion and Black Hole Formation with QCD phase transition”, Quarks and Compact Stars 国際会議, 北京大学, 10月20- 22日, 2014.

 

国内会議発表

    • ○鈴木英之、超新星理論開発、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究・2017年領域研究会、岡山大学、2017年5月21-23日

    • ○Mandeep Reen, E398: Measurement of electromagnetic direct decays from the giant resonances of 12C, Talk at JPS meeting, 東京理科大学、3月23日、2018.

    • ○須藤高志、炭素・酸素巨大共鳴状態からのγ線生成実験結果、第4回超新星ニュートリノ研究会、箱根、1月8−9日、2018。

    • ○須藤高志、酸素、炭素原子核巨大共鳴状態からのγ線測定(粒子崩壊モード)、東京理科大学、3月23日、2018.

    • ○須藤高志、“E398実験:酸素炭素原子核からの巨大共鳴状態からのγ線測定、γ線検出器のエネルギー較正とMCシミュレーションの評価” (ポスター)、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究・第三回超新星ニュートリノ研究会、東北大学、2017年3月4,5日

    • ○須藤高志、“E398実験:酸素炭素原子核からの巨大共鳴状態からのγ線測定、γ線検出器のエネルギー較正とMCシミュレーションの評価” 日本物理学会、年次大会、大阪大学、2017年3月17-20日

    • ○須藤高志、“E398実験(p,p’γ):炭素原子核の巨大共鳴状態からのγ線,γ線そ検出器較正とγ線放出率の決定” (ポスター)、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究・2017年領域研究会、岡山大学、2017年5月21-23日

    • ○須藤高志、“酸素・炭素原子核巨大共鳴状態からのγ線測定”、日本物理学会秋季大会、宇都宮大学、2017年9月21-24日

    • ○Mandeep Singh Reen , Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection” (POSTER) presented at the workshop on “Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research, Okayama Univerisity, May 21-23, 2017, Okayama , Japan.

    • ○Mandeep Singh Reen , Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C and NC events determination in large Scale neutrino detectors, presented in JPS meeting, September 12, 2017, Utsunomiya University, Japan.

    • ○田中智之、“濃縮157Gdの熱中性子捕獲反応から放出される強い相関を示す離散的準位のγ線について” (ポスター)、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究・第三回超新星ニュートリノ研究会、東北大学、2017年3月4,5日

    • ○田中智之、“濃縮157Gdの熱中性子捕獲反応から放出される強い相関を示す離散的準位のγ線について” 日本物理学会、年次大会、大阪大学、2017年3月17-20日

    • ○田中智之、“濃縮157Gdの熱中性子捕獲反応から放出される強い相関を示す離散的準位のγ線について” (ポスター)、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究・2017年領域研究会、岡山大学、2017年5月21-23日

    • ○Tanaka Tomoyuki、“Modeling gamma-rays from the thermal neutron capture on gadolinium based on JPARC-ANNRI data”(Poster)、Nuint2017 11th International Workshop on Neutrino-Nucleus Scattering in the Few-GeV region、Canada 、25-30, June, 2017

    • ○田中智之、“濃縮157Gdの熱中性子捕獲反応から放出されるγ線の相関について”、日本物理学会秋季大会、宇都宮大学、2017年9月21-24日

    • ○池田一得、SK-Gd計画の現状、第4回超新星ニュートリノ研究会、箱根、1月8−9日、2018

    • ○池田一得、SK-Gd、2017年度CRC将来計画タウンミーティング、東大宇宙線研究所、6月24日

    • ○伊藤慎太郎、SK-Gd プロジェクト:放射性不純物の測定、日本物理学会秋季大会、宇都宮大学、2017年9月21-24日

    • ○G.Pronost  Super-K Gd Project : Introduction and current status、日本物理学会秋季大会、宇都宮大学、2017年9月21-24日

    • ○伊藤慎太郎、SK-Gdのための放射性不純物の測定、日本物理学会春季大会、東京理科大、2018年3月22-25日

    • ○加藤陽、 Super-K Gd プロジェクト:硫酸ガドリニウムに含まれる放射性不純物の低減、日本物理学会春季大会、東京理科大、2018年3月22-25日

    •  ○関谷洋之、SK/SK-Gd/HK CRCタウンミーティング 東大柏キャンパス 2017/3/24

 

    • ○ 池田一得、Super-K Gd プロジェクト:計画の概要とスケジュール、日本物理学会、2016秋季大会、宮崎大学、2016/9/21-24

 

    • ○ 池田一得、硫酸ガドリニウム中放射性不純物削減のR&D(ポスター)、極低放射能技術、岐阜飛騨市、2017/2/19-21

 

    • ○ 池田一得、SK-Gdの現状、超新星ニュートリノ研究会、東北大、2017/3/4-5

 

    • ○ G.Pronost, Latest results of the Radon monitoring system in Kamioka mine, 日本物理学会、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ 王岩、M.S.Reen、須藤高志、R.Dhir、作田誠、et al.、酸素・炭素原子核の巨大共鳴状態から放出されるγ線の測定、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ 須藤高志、王岩、Mandeep Singh、作田誠、et al.、E398実験のγ線検出器(NaI)のエネルギー較正と検出効率の評価、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ 萩原開人、Pretam Das、田中智之、王岩、作田誠、et al.、ガドリニウムの熱中性子捕獲反応から放出されるガンマ線データ解析とシミュレーションの詳細比較、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ 田中智之、濃縮157Gdの熱中性子捕獲反応から放出される強い相関を示す離散的準位のガンマ線について、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ Pretam Kumar Das, Kaito Hagiwara, Tomoyuki Tanaka, Iwa Ou, Makoto Sakuda, et al., Measurement of Relative Intensity of the discrete γ-rays from the thermal neutron capture reaction 155,157Gd(n,γ) using ANNRI detector (J-PARC)、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ M.S.Reen, I.Ou, T.Sudo, R.Dhir, M.Sakuda, et al., Calculations for 12C and 16O decays via p, n, d and alpha channels using the decay model (CASCADE) and comparison with E398 measurements、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ 萩原開人、ガドリニウムの熱中性子捕獲反応から放出されるγ線データ解析とシミュレーションとの比較、日本物理学会2016秋季大会、宮崎大学、2016/9/21-24

 

    • ○ 王岩、酸素・炭素原子核の巨大共鳴からのγ線測定
、日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-3/22

 

    • ○ 萩原開人、ガドリニウムの熱中性子捕獲反応から放出されるγ線データ解析とシミュレーションとの比較について、日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-22

 

    • ○ M.Sakuda, Gamma production from thermal neutron capture on natural gadolinium, 155Gd and 157Gd, 新学術領域「重力波天体」Workshop、京都大学基礎物理学研究所、12月26-28日

 

    • ○ 作田誠、酸素・炭素の巨大共鳴から放射されるガンマ線とCASCADE 計算の比較、日本物理学会、2016秋季大会、宮崎大学、2016/9/21-24

 

    • ○ G.Pronost, Radon monitoring system in Kamioka mine, 日本物理学会、2016 秋季大会、宮崎大、2016/9/21

 

    • ○ 伊藤恭平、Super-K Gd Project: イオン交換樹脂による天然放射性不純物ラジウムの除去性能評価、日本物理学会、2016 秋季大会、宮崎大、2016/9/21

 

    • ○ 伊藤恭平、SK-Gdに向けたイオン交換樹脂による天然放射性不純物ラジウムの除去性能評価、日本物理学会、2017 年次大会、大阪大、2017/3/17

 

    • ○ T.Yano, A study of Gamma production from neutron capture on Gadolinium, 11th Geant4 Space Users Workshop, Hiroshima, 2015年8月28日

 

    • ○ M. Sakuda, Measurement of γ-rays from
the thermal neutron capture of natural gadolinium, Gd-155 and Gd-157, 新学術「地下素核研究」第一回超新星ニュートリノ研究会、東京理科大学、2015年3月16-17日

 

    • ○ 王岩、酸素炭素原子核巨大共鳴からのγ線測定と中性カレントニュートリノ反応検出、新学術「地下素核研究」第一回超新星ニュートリノ研究会、東京理科大学、2015年3月16-17日

 

    • ○ 作田誠、A.Ankowski, O.Benhar, 200-1000MeV領域での電子・ニュートリノと酸素炭素準弾性反応断面積計算、日本物理学会、2015年3月21日、早稲田大学早稲田キャンパス

 

    • ○ 萩原開人,王岩,山田芳幸,作田誠,小汐由介,Pretam Kumar Das,原田秀郎,木村敦,岩本信之,中村詔司,矢野考臣、濃縮ガドリニウム(A=155,157)での熱中性子捕獲反応から放出されるγ線測定実験、日本物理学会第70回年次大会、早稲田大学、2015年3月21-24日

 

    • ○ 王岩、酸素炭素原子核巨大共鳴からのγ線放出 「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」 第2回領域研究会, (ポスター発表) 神戸大学、2015/5/15-5/17

 

    • ○ 王岩、酸素・炭素原子核の巨大共鳴からのγ線測定 ~実験データ解析~ 日本物理学会2015年秋季大会、大阪市立大学、2015/9/24-9/28

 

    • ○ 萩原 開人、濃縮ガドリニウム(A=155,157)での熱中性子捕獲反応から放出されるγ線測定実験「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」 第2回領域研究会 (ポスター発表)、神戸大学、2015/5/15-5/17

 

    • ○ 萩原 開人、濃縮ガドリニウム(A=155,157)の熱中性子捕獲反応から放出されるγ線データ解析、日本物理学会2015年秋季大会、大阪市立大学、2015/9/24-9/28

 

    • ○ 小汐由介、超新星ニュートリノの実験 新学術「地下素核研究」第一回超新星ニュートリノ研究会、東京理科大学、2015年3月16-17日

 

    • ○ 鈴木英之、中里健一郎、持田恵里、新納悠、超新星背景ニュートリノのエネルギースペクトル計算 「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」 第2回領域研究会 神戸大学、2015/5/15-5/17

 

    • ○ 鈴木英之、超新星爆発と中性子星、研究会「原子核・クォークと中性子星―これまでとこれから―」、京都大学基礎物理学研究所、2015年6月11-13日

 

    • ○ 持田恵里,中里健一郎,新納悠,鈴木英之、SK-Gdによる超新星背景ニュートリノの検出可能性とその不定性、新学術「地下素核研究」第二回超新星ニュートリノ研究会、富山商工会議所、2016年1月6-7日

 

    • ○ 鈴木英之、SRNとダークエネルギー、新学術「地下素核研究」第二回超新星ニュートリノ研究会、富山商工会議所、2016年1月6-7日

 

    • ○ 藤井貴之、横地沙衣子、鈴木英之、密度行列を用いた超新星ニュートリノの物質振動の計算(ポスター発表)、日本天文学会2016年春季大会、首都大学東京、2016/3/14-3/17

 

    • ○ 池田一得、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : GADZOOKS!計画実証実験EGADSの現状、日本物理学会2015年秋季大会、大阪市立大学、2015/9/24-9/28

 

    • ○ 徐宸原、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおける中性子検出能力評価、日本物理学会2015年秋季大会、大阪市立大学、2015/9/24-9/28

 

    • ○ 阿久津良介、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : GADZOOKS!計画にむけたGd添加水でのRayleigh散乱測定、日本物理学会2015年秋季大会、大阪市立大学、2015/9/24-9/28

 

    • ○ 池田一得、SK-Gd の現状と展望、新学術「地下素核研究」第二回超新星ニュートリノ研究会、富山 2016/1/6-1/7

 

    • ○ 伊藤恭平、SK-Gd計画におけるイオン交換樹脂による不純物Ra除去効率の評価、新学術「地下素核研究」第二回超新星ニュートリノ研究会、富山 2016/1/6-1/7(ポスター)

 

    • ○ 中畑雅行、ニュートリノ天文学の歴史と発展、日本天文学会2016年春季年会シンポジウム「2020年代に向けたニュートリノ天文学の新展開」、2016/3/15-3/18

 

    • ○ 小汐由介、Super-K Gdプロジェクトによる超新星背景ニュートリノの探索、日本天文学会2016年春季年会シンポジウム「2020年代に向けたニュートリノ天文学の新展開」、2016/3/15-3/18(ポスター)

 

    • ○ 中畑雅行、スーパーカミオカンデの将来、日本物理学会第71回年次大会、企画セッション「2015年ノーベル物理学賞ニュートリノ振動の発見と将来への展望」、東北学院大学、2016/3/19-3/22

 

    • ○ L.M.Marti, Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : Introduction and Overview, 日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-3/22

 

    • ○ 徐宸原、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおける検出器較正及びデータ解析、日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-3/22

 

    • ○ 阿久津良介、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおけるRayleigh散乱の測定、日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-3

 

    • ○ 伊藤恭平、Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project : 太陽ニュートリノ観測に向けたイオン交換樹脂による不純物Ra除去効率の評価、日本物理学会第71回年次大会、東北学院大学、2016/3/19-3/22

 

    • ○ Lluis Marti Magro, Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project: introduction and overview, 日本物理学会2015年年次大会, March 21-24, 2015, 早稲田大学

 

    • ○ 徐宸原, Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project: Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおける検出器較正,日本物理学会第70回年次大会(2015年), March 21-24, 2015, 早稲田大学

 

    • ○ 阿久津良, Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project:Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおけるRayleigh散乱の測定, 日本物理学会第70回年次大会(2015年), March 21-24, 2015, 早稲田大学

 

    • ○ 矢野孝臣,  Super-Kamiokande Gadolinium R&D Project: Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSにおけるGdからのガンマ線事象の解析,  日本物理学会第70回年次大会(2015年), March 21-24, 2015, 早稲田大学

 

    • ○ 山田芳幸, 王岩、矢野孝臣、森俊彰、茅野翼, 作田誠、原田秀郎、木村敦、ガドリニウムの熱中性子捕獲から放出されるγ線の測定と計算、日本物理学会秋、2014年9月18日、佐賀大学

 

    • ○ 森俊彰 for the Super-Kamiokande Collaboration、Super-Kamiokande Gadolinium R&D project:Gd添加水チェレンコフ検出器EGADSの現状、日本物理学会2014年秋季大会、佐賀大学、2014年9月

 

    • ○ 作田誠、計画研究「超新星背景ニュートリノ観測による星形成の歴史の研究」、新学術領域「地下素核研究」キックオフミーティング、大阪大学、2014年8月24日

 

    • ○ 中里健一郎、”星形成史と超新星背景ニュートリノ”、宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 第一回研究会、2014年8月24日、大阪大学

 

    • ○ 中里健一郎、”超新星ニュートリノの理論予測”、日本物理学会、2015年3月24日、早稲田大学

 

    • ○ 持田恵里,中里健一郎,新納悠,鈴木英之 “銀河の金属量進化を考慮した超新星背景ニュートリノのスペクトル予測” 日本天文学会 2014年9月13日 山形大学

 

若手育成・国際スクール開催

    • ○ NuSTEC-15 ニュートリノ原子核反応国際スクール(Nov.8-14, 2015, 岡山大学)開催、新学術領域「地下素核研究」・岡山大学共催(報告書あり)、42名参加
      URL: http://indico.ipmu.jp/indico/conferenceDisplay.py?confId=71

 

    • ○ 第一回 超新星ニュートリノ研究会2015年3月16日-17日 東京理科大学,計画研究C01, C02班主催
      URL: http://www.lowbg.org/ugnd/workshop/groupC/sn20150316/
    • ○ 第二回 超新星ニュートリノ研究会2016年1月6日-7日 富山商工会議所,計画研究C01, C02班主催
      URL: http://www.lowbg.org/ugnd/workshop/groupC/sn20160106/
    • ○第三回 超新星ニュートリノ研究会2017年3月4日-5日 東北大学理学研究科合同C棟,計画研究C01, C02班主催
      URL http://www.lowbg.org/ugnd/workshop/groupC/sn20170304/
    • ○第4回 超新星ニュートリノ研究会2018年1月8日-9日、箱根静雲荘、,計画研究C01, C02班主催
    • ○Louis Lyons (Oxford名誉教授)「少数統計の解析Feldmann-Cousins法」集中講義・演習(英語)2016年5月16日-19日 岡山大学[16名]
  • アウトリーチ活動
      • ○鈴木英之、「星の一生と元素の起源」全国同時七夕講演会 2017年7月7日 東京理科大学野田キャンパス

      • ○鈴木英之、「星の一生と超新星爆発、ニュートリノ天文学」東京理科大学生涯学習センター一般講座 2017年10月28日 東京理科大学神楽坂キャンパス

      • ○ 作田誠 「ニュートリノ観測から宇宙の歴史を読む」、 岡山大学全学公開講座、2016年11月26日(岡山大学)[参加者50名]

      • ○ 作田誠 「ニュートリノ観測から宇宙の歴史を紐解く」、 日本熱物性学会シンポジウム・招待講演、2016年11月29日(岡山国際交流センター)[参加者200名]

      • ○ 鈴木英之、「超新星爆発とニュートリノ・ダークエネルギー」全国同時七夕講演会 2015年7月7日 東京理科大学野田キャンパス

      • ○ 小汐由介、森俊彰、「ニュートリノで探る宇宙・素粒子物理学」、2014年物理チャレンジ大会(岡山)でのフィジクスライブでのポスター発表、8月20日,2014年

      • ○ 作田誠、「宇宙の元素の起源の謎に迫る 」、岡山大学理学部公開講座、2014年11月9日(参加者80名)

      • ○ 鈴木英之、「超新星爆発とニュートリノ・ダークエネルギー」東京理科大学生涯学習センター一般講座 2014年7月27日 東京理科大学神楽坂キャンパス

      • ○ 作田誠、ポスター説明「岡山大学物理学科:ニュートリノで探る宇宙・素粒子物理学」、2014年度中四国地区「宇宙が学べる大学」合同進学説明会、河合塾広島校、2014年8月30日

    メディア掲載

    ○○「5月に新学術領域研究会主催で岡大にて招待講演をされたBarry Barish 氏がノーベル物理学賞を受賞」、山陽新聞 2017年10月4日朝刊32面

    ○○新学術領域研究会主催「重力波発見と宇宙に関する2つの公開講演(英語)」
    ーBarry Barish氏(LIGO/カルテック)と村山斉氏(東大カブリIPMU機構長)

    山陽新聞2017年5月24日29面掲載

  •  

    受賞

      • ○ 岡山大学自然科学研究科数理物理科学専攻「博士後期(博士課程)研究科長賞」、王岩、Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection、受賞日2018年9月

      • ○ 岡山大学自然科学研究科数理物理科学専攻「博士前期(修士課程)研究科長賞」、萩原開人、濃縮ガドリニウム熱中性子捕獲反応により生成されるガンマ線の詳細測定、受賞日2017年3月25日

    学位論文

      • ○ 王岩、岡山大学大学院自然科学研究科・博士後期課程・博士論文、Measurement of gamma rays from giant resonances of 16O and 12C with application to supernova neutrino detection、2017年9月

      • ○P.K.Das,. 岡山大学大学院自然科学研究科・博士後期課程・博士論文、  Measurement of the relative intensities of the discrete γ rays from the thermal neutron capture reaction 155,157Gd (n, γ) using ANNRI detector (JPARC), 2017年9月

      • ○ 萩原開人、岡山大学大学院自然科学研究科・博士前期課程・修士論文、 濃縮ガドリニウム熱中性子捕獲反応により生成されるガンマ線の詳細測定、2017年3月

      • ○ 持田恵里、東京理科大学大学院理工学研究科・博士前期課程・修士論文、 銀河の金属量進化を考慮した超新星背景ニュートリノのスペクトル予測とその観測可能性の検討、2016年3月

      • ○ Takaaki Mori,  Development of a Gd-Doped Water Cherenkov Detector for The Observation of Supernova Relic  Neutrinos, 岡山大学大学院自然科学研究科・博士論文(理学博士)、2015年3月25日

    • ○ 山田芳幸、岡山大学大学院自然科学研究科・博士前期課程・修士論文、 ガドリニウムの熱中性子捕獲反応から放出されるγ線の詳細解析、2015年3月25日

    報告書

    • ○ NuSTEC-15 ニュートリノ原子核反応国際スクール(Nov.8-14, 2015, 岡山大学)報告書、新学術領域「地下素核研究」・岡山大学共催、300pp, 岡山大学、編集者作田誠、2016年2月.

宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

Copyright(c) 2015 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 All Rights Reserved.