Home » C02研究成果

C02研究成果 

C02 近傍天体ニュートリノ包括的観測体制の構築と天体活動の研究

論文発表

“Neutrinos from Presupernova Stars”,
  T. Yoshida, K. Takahashi, H. Umeda, K. Ishidoshiro, Springer Proceedings in Physics, 219, Formicola, A., Junker, M., Gialanella, L., Imbriani, G. (Eds.), in press”

“The Evolution towards Electron-capture Supernovae: the Flame Propagation and the Pre-bounce Electron-neutrino Radiation”,
  K. Takahashi, K. Sumiyoshi, S. Yamada, H. Umeda, T. Yoshida, ApJ 871 153 2019

“Collective neutrino oscillations and detectabilities in failed supernovae”,
  M. Zaizen, T. Yoshida, K. Sumiyoshi, H. Umeda, Phys. Rev. D 98, 103020 (2018)

“On the minimum mass of neutron stars”,
  Y. Suwa, T. Yoshida, M. Shibata, H. Umeda, K. Takahashi, MNRAS 481(3):3305-3312 (2018)

“Stellar Yields of Rotating First Stars. II. Pair Instability Supernovae and Comparison with Observations”,
  K. Takahashi, T. Yoshida, H. Umeda, ApJ, 857, 111 (2018)

“A progenitor model of SN 1987A based on the slow-merger scenario”,
  T. Urushibata, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, MNRAS 473 L101–L105 (2018)

“Search for solar Kaluza-Klein axion by annual modulation with the XMASS-I detector,”
  N. Oka et al. [XMASS Collaboration], Prog. Theor. Exp. Phys. (2017) 103C01.

“Explosive nucleosynthesis of ultra-stripped Type Ic supernovae: application to light trans-iron elements”,
  T. Yoshida, Y. Suwa, H. Umeda, M. Shibata, K. Takahashi, Mon. Not. R. Astron. Soc., 471, 4275-4285, (2017)

“Pre-SN neutrino emissions from ONe cores in the progenitors of CCSNe” (査読なし),
  C. Kato, S. Yamada, H. Nagakura, S. Furusawa, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, K. Ishidoshiro The Lives and Death-Thones of Massive Stars, Proc. of IAU Symposium, 329, 411-411 (2017)

“Neutrino emissions in all flavors up to the pre-bounce of massive stars and the possibility of their detections”,
  C. Kato, S. Yamada, H. Nagakura, S. Furusawa, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, and K. Ishidoshiro, ApJ, 848, 48 (2017)

“Failed collapsar jets to explain low luminosity GRB properties”,
  H. Hamidani, H. Umeda, K. Takahashi, JPS Conf. Proc. 14, 020613 (3 pages), (2017)

“A progenitor model of SN 1987A; Spiral-in merger including rotational effects”,
  T. Urushibata, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, JPS Conf. Proc. 14, 020609 (3 pages), (2017)

“Explosive nucleosynthesis of ultra-stripped Type Ic supernovae”,
  T. Yoshida, Y. Suwa, H. Umeda, M. Shibata, K. Takahashi, JPS Conf. Proc. 14, 020501 (3 pages), (2017)

“Systematic calculation of PISN explosion and nucleosynthesis”,
  K. Takahashi, T. Yoshida, H. Umeda, K. Sumiyoshi, S. Yamada, JPS Conf. Proc. 14, 020205 (3 pages) (2017)

“Detectability of galactic supernova neutrinos coherently scattered on xenon nuclei in XMASS”,
  K. Abe et al., Astropart. Phys. 89, 51-56 (2017)

“A search for electron antineutrinos associated with gravitational-wave events GW150914 and GW151226 using KamLAND”,
  A. Gando et al., ApJL, 829 (2), L34 (2016)

“The Final Fates of Accreting Supermassive Stars”,
  H. Umeda, T. Hosokawa, K. Omukai, N. Yoshida, ApJL, 830, L34, 5 pp. (2016)

“Neutrino emission from nearby supernova progenitors(査読無)”,
  T. Yoshida, K. Takahashi, H. Umeda, J Phys: Conf. Ser. 718, 062073 (5 pages) (2016)

“Supernova neutrino events relating to the final evolution of massive stars”,
 T. Yoshida, K. Takahashi, H. Umeda, K. Ishidoshiro, Phys. Rev. D 93, 123012 (20 pages) (2016)”

“KamLAND sensitivity to neutrinos from pre-supernova satars,”
 K. Asakura et al., ApJ 818 91 (2016)

“Mass ejection by pulsational pair instability in very massive stars and implications for luminous supernovae”,
 T. Yoshida, H. Umeda, K. Maeda, T. Ishii, Mon. Not. R. Astron. Soc. 457, 351-361 (2016)

“Study of electron anti-neutrinos associated with gamma-ray bursts using KamLAND,”
 K. Asakura et al., ApJ 806 87 (2015)

“The data acquisition system of the XMASS experiment,”
 K. Hiraide, Journal of Physics: Conference Series 664 (2015) 082018.

“Development of new data acquisition system at Super-Kamiokande for nearby supernova bursts,(査読無)”
 A. Orii, T. Tomura, Y. Hayato, M. Nakahata, S. Nakayama, M. Shiozawa, K. Okumura, M. Ikeno, S. Suzuki, T. Uchida, S. Yamada, Y. Obayashi and T. Yokozawa, Proceedings of Science (ICRC2015) 1161 (2015)

“Pre-supernova neutrino emissions from ONe cores in the progenitors of core-collapse supernovae: are they distinguishable from those of Fe cores?,”
 C. Kato, M. D. Azari, S. Yamada, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, K. Ishidoshiro, ApJ 808, 168 (2015)

“Neutrino-driven explosions of ultra-stripped Type Ic supernovae generating binary neutron stars”,
 Y. Suwa, T. Yoshida, M. Shibata, H. Umeda, K. Takahashi, Mon. Not. R. Astron. Soc. 454, 3073-3081 (2015)

“Development of New Data Acquisition System at Super-Kamiokande for Nearby Supernova Bursts, (査読無し)
  A. Orii, T. Tomura, Y. Hayato, M. Ikeno, M. Nakahata, S. Nakayama, Y. Obayashi, K. Okumura, M. Shiozawa, S. Y. Suzuki, T. Uchida, S. Yamada and T. Yokozawa, 2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC), Seatle, WA, 2014, pp. 1-3.

国際会議発表

“Nearby SNe with KamLAND”,
  K. Ishidoshiro, Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, March 7-9, 2019, Tohoku University, Sendai, Japan

“Presupernova neutrinos relating to the final evolution of massive stars”,
  T. Yoshida, Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, March 7-9, 2019, Tohoku University, Sendai, Japan

“Collective neutrino oscillations and matter effects in failed supernova”,
  M. Zaizen, T. Yoshida, K. Sumiyoshi, H. Umeda, Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019, March 7-9, 2019, Tohoku University, Sendai, Japan

“Development of new front-end electronics for KamLAND2-Zen”,
  K. Ishidoshiro, DBD18, Oct 21-24, 2018, Hawaii Island, United State

“Latest results from XMASS” (招待講演),
  K. Hiraide, DBD18, Oct 21-24, 2018, Hawaii Island, United State

“Multidimensional simulations for the last minutes of massive star evolution”,
  T. Yoshida, K. Nakamura, K. Kotake, H. Umeda, K. Takahashi, Deciphering multi-Dimensional Nature of core-collapse Supernovae via Gravitational-wave and neutrino signatures (SNeGWv2018), October 8-10, 2018, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan (ポスター発表)

“Collective neutrino oscillations and matter effects in failed supernovae”,
  M. Zaizen, T. Yoshida, K. Sumiyoshi, H. Umeda, Deciphering multi-Dimensional Nature of core-collapse Supernovae via Gravitational-wave and neutrino signatures (SNeGWv2018), October 8-10, 2018, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan (ポスター発表)

“A Progenitor model of SN1987A”,
  H.Umeda, STARS Birth & Death, September 13-15, 2018,Hilton Hawaiian Village Waikiki, Hawaii, USA (ポスター発表)

Latest results from the XMASS experiment”,
  K. Hiraide, NDM2018, June 29-July 4, 2018, Daejeon, Korea.

“Neutrinos from Presupernova Stars”,
  T. Yoshida, K. Takahashi, H. Umeda, K. Ishidoshiro, 15 the International Symposium on Nuclei in the Cosmos XV, June 24-29, 2018, Laboratori Nazionali del Gran Sasso, Assergi, Italy

“Neutrino physics with the XMASS liquid xenon detector” (ポスター発表),
  K. Hiraide, Neutrino2018, June 4-9, 2018, Heiderberg, Germany.

“Galactic supernova neutrino observation with XMASS”,
 K. Hiraide, Unification and Development of the Neutrino Science Frontier, March 5-6, 2018, Kyoto University. (ポスター発表)

“Explosive nucleosynthesis of Type Ic ultra-stripped supernovae”,
  T. Yoshida, Y. Suwa, H. Umeda, M. Shibata, K. Takahashi, Physics of Core-Collapse Supernova and Compact Star Formations March 19-21, 2018, Waseda University, Tokyo, Japan

“Recent results from XMASS”,
  K. Hiraide, The 26th International Workshop on Weak Interactions and Neutrinos (WIN2017), June 19-24, 2017, Irvine, USA.

“KamLAND (招待講演)”,
  K. Ishidoshiro, International workshop on ‘Supernova at Hyper-Kamiokande’, February 12, 2017, University of Tokyo, Japan

“Pre-supernova neutrino and supernova alarm before collapse (ポスター)”,
  K. Ishidoshiro, Symposium on “New development in astrophysics through multimessenger observations of gravitational wave sources”, December 25 – 28, 2016, Kyoto University, Japan

“Pre-supernova neutrino emissions from ONe cores in the progenitors of core-collapse supernovae (ポスター)”,
  C. Kato, S. Yamada, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida, K. Ishidoshiro, IAU Symposium 239, The lives and death-thones of massive stars, 2016/11/28-12/02, Auckland, New Zealand

“Explosive nucleosynthesis of ultra-stripped Type Ic supernovae”,
 Takashi Yoshida, Yudai Shibata, Hideyuki Umeda, Masaru Shibata, Koh Takahashi, Mini-workshop: Compact Star Mergers and Nucleosynthesis, November 8 and 9, 2016, in Long-term and Nishinomiya-Yukawa memorial workshop on “Nuclear Physics, Compact Stars, and Compact Ster Mergers 2016″, October 17 – November 18, 2016, Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto, Japan

“Luminous transients by mass ejection from very massive stars through pulsational pair-instability”,
 Takashi Yoshida, Hideyuki Umeda, Keiichi Maeda, Tatsuo Ishii, Supernova through the Ages, August 8-13, 2016, Hotel Hangaroa, Hangaroa, Chile

“Neutrino emission from presupernova stars”,
 Takashi Yoshida, Koh Takahashi, Hideyuki Umeda, Koji Ishidoshiro, Many Riddles About Core-Collapse Supernovae: 1 Bethe and Beyond, June 27 – July 1, 2016, NAOJ, Mitaka, Japan

“Failed collapsar jets to explain low luminosity GRB properties” (ポスター),
  H. Hamidani, H. Umeda, K. Takahashi, T. Yoshida,14th International Symposium on Nuclei in the Cosmos XIV, June 19-24, Toki Messe, Niigata, Japan

“A progenitor model of SN 1987A; Spiral-in merger including rotational effects” (ポスター),
  T. Urushibata, K. Takahashi, H. Umeda, T. Yoshida,14th International Symposium on Nuclei in the Cosmos XIV, June 19-24, Toki Messe, Niigata, Japan

“Systematic calculation of PISN explosion and nucleosynthesis” (ポスター),
  K. Takahashi, T. Yoshida, H. Umeda, K. Sumiyoshi, S. Yamada, 14th International Symposium on Nuclei in the Cosmos XIV, June 19-24, Toki Messe, Niigata, Japan

“Explosive nucleosynthesis of ultra-stripped Type Ic supernovae(ポスター)”,
 Takashi Yoshida, Yudai Suwa, Hideyuki Umeda, Masaru Shibata, Koh Takahashi, 14th International Symposium on Nuclei in the Cosmos XIV, June 19-24, Toki Messe, Niigata, Japan

“Observations of Presupernova Neutrinos Relating to the Final Evolution of Massive Stars(ポスター)”,
 Takashi Yoshida, Koh Takahashi, Hideyuki Umeda, Koji Ishidoshiro XXVII International Conference on Neutrino Physics and Astrophysics (Neutrino 2016), July 4-9, 2016, Imperial College London, London, GB

“Recent progress in supernova progenitor theories (基調講演),”
 H. Umeda, International Symposium on Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, 2016/5/11-13, (発表日5/13), 東京大学, 日本.

“The final evolution of massive stars observed by pre supernova neutrinos,”
 T. Yoshida, International Symposium on Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2016, 2016/5/11-13, (発表日5/13), 東京大学, 日本.

“Future Supernova neutrino experiments (招待講演),”
 K. Ishidoshiro, 10th International Workshop on Neutrino-Nucleus Interactions in the Few-GeV Region (NuInt2015), 2015/11/16-21, (発表日11/20), 大阪大学, 日本.

“Neutrino Emission from Nearby Supernova Progenitors,”
 T.Yoshida, K.Takahashi, H.Umeda, TAUP2015, 2015/9/7-11, (発表日9/9), Torino, Italy

“Development of new data acquisition system at Super-Kamiokande for nearby supernova bursts,(ポスター)”
 A. Orii, T. Tomura, Y. Hayato, M. Nakahata, S. Nakayama, M. Shiozawa, K. Okumura, M. Ikeno, S. Y. Suzuki, T. Uchida, S. Yamada, Y. Obayashi, and T. Yokozawa, 34th International Cosmic Ray Conference, 2015/07/30-08/06 (発表日 2015/07/30), Hague, Netherlands

“The data acquisition system of the XMASS experiment”,
 K. Hiraide, 21st International Conference on Computing in High Energy and Nuclear Physics 2015 (CHEP2015), 2015/4/13-17, OIST, Okinawa, Japan.

“Development of New Data Acquisition System at Super-Kamiokande for Nearby Supernova Bursts,”
 A. Orii, T. Tomura, K. Okumura, M. Shiozawa, M. Nakahata, S. Nakayama, Y. Hayato for SK collaboration, M. Ikeno, T. Uchida, S. Suzuki, S. Yamada, Y. Obayashi, T. Yokozawa, 21st International Conference on Computing in High Energy and Nuclear Physics 2015, 2015/04/13-17 (発表日 2015/04/14), OIST, Okinawa, Japan

“XMASS” (招待講演) ,
 K. Hiraide, Higgs as a Probe of New Physics 2015, 2015/2/11-15 (発表日2/13) Toyama, Japan

“Development of New Data Acquisition System at Super-Kamiokande for Nearby Supernova Bursts,”
 A. Orii On behalf of the Super-Kamiokande Collaboration, 2014 NSS/MIC, 2014/11/08-15 (発表日 2014/11/13), Seatle, USA.

“Imaging Detector for Particle Identification with Large Liquid Scintillator Detector(ポスター),”
 T. Mitsui, K. Ishidoshiro, H. Watanabe, S. Ishio, Y. Shirahata, IEEE NSS2014, 2014/11/9-15, (発表日11/11), Seattle, USA.

“Development of Li-loaded liquid scintillator for anti-neutrino directional measurement(ポスター),”
 Y. Shirahata, H. Watanabe, H. Ikeda, T. Mitsui, K. Ishidoshiro, K. Inoue, S. Ishio, IEEE NSS2014, 2014/11/9-15, (発表日11/11), Seattle, USA.

“Possible Type Ic Super Luminous SNe from metal-poor pulsational pair-unstable massive stars(ポスター),”
 Hideyuki Umeda, Supernovae in the Local Universe, 2014/08/11-14 (発表日 8/11), Coffs Harbour, Australia

国内会議発表

財前真理, “Collective neutrino oscillations and matter effects in core-collapse supernovae”,
RIKEN-RESCEU Joint Seminar 2019, 2019年3月19-20日, 東京大学

吉田敬, “大質量星の最終進化の多次元シミュレーション”,
日本天文学会2019年春季年会, 2019年3月14-17日, 法政大学

吉田敬, “Progress of the Study on Massive Star Evolution” (招待講演),
10th DTA Symposium “Stellar deaths and their diversity”, 2019年1月21-23日, 国立天文台

吉田敬, “大質量星の最終進化の多次元シミュレーション”,
2018年度CfCAユーザーズミーティング, 2019年1月15-16日, 国立天文台

石徹白晃治, “KamLAND -近傍超新星爆発と電子回路-”,
第5回超新星ニュートリノ研究会, 2019年1月7-8日, 国立天文台

吉田敬, “超新星前兆ニュートリノ:星の質量と対流条件に対する依存性”,
第5回超新星ニュートリノ研究会, 2019年1月7-8日, 国立天文台

財前真理, “Failed supernova におけるニュートリノ集団振動とその観測性”,
第5回超新星ニュートリノ研究会, 2019年1月7-8日, 国立天文台

財前真理, “Failed supernovaにおけるニュートリノ集団振動と物質振動の関係”,
第31回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム, 2018年12月19-21日, 京都大学

吉田敬, “低金属大質量星の進化” (招待講演),
初代星・初代銀河研究会2018, 2018年11月19-21日, 茨城大学

財前真理, “Failed supernova内部でのニュートリノ振動とその観測的特徴”,
日本天文学会2018年秋季年会, 2018年9月19-21日, 兵庫県立大学

平出克樹, “XMASS実験: コヒーレント弾性散乱を用いた重力波イベントに同期したニュートリノの探索”,
日本物理学会 2018年秋季大会, 2018年9月14-17日, 信州大学松本キャンパス.

吉田敬, “超新星起源プレソーラーグレインのケイ素同位体比と大質量星のC/He層におけるSi合成の可能性”,
「惑星物質科学のフロンティア」研究会, 2018/3/29-30 (発表日3/30), 東京大学宇宙線研究所

平出克樹, “XMASS実験: 重力波イベントと同期したイベントバーストの探索,”,
日本物理学会第73回年次大会, 2018年3月22-25日, 東京理科大学野田キャンパス.

本田佳己, “宇宙物質優勢の謎の究明を目指した高機能電子回路の開発”,
東北大学理学・生命科学研究科合同シンポジウム, 2018年2月16日, 東北大学

蜂谷尊彦, “KamLANDを用いた中性子星連星合体由来のニュートリノ探索”,
第四回超新星ニュートリノ研究会, 2018年1月8-9日, 四季の湯強羅静雲荘

石徹白晃治, “KamLAND”,
第四回超新星ニュートリノ研究会, 2018年1月8-9日, 四季の湯強羅静雲荘

平出克樹, “XMASS”,
第四回超新星ニュートリノ研究会, 2018年1月8-9日, 四季の湯強羅静雲荘

藤本空、吉田敬、梅田秀之、高橋亘, “Detectability of Neutrinos Emitted from Pair-Instability Supernovae”,
第四回超新星ニュートリノ研究会, 2018年1月8-9日, 四季の湯強羅静雲荘

財前真理、吉田敬、住吉光介、梅田秀之, “Failed supernovaにおけるニュートリノ振動”,
第四回超新星ニュートリノ研究会, 2018年1月8-9日, 四季の湯強羅静雲荘

藤本空、吉田敬、梅田秀之、高橋亘, “Pair-instability supernova”から放出されるニュートリノの観測可能性”
日本天文学会2017年秋季年会、2017年9月11-13日(発表日13日)、北海道大学、札幌市

財前真理、吉田敬、住吉光介、梅田秀之, “Failed Supernovaにおけるニュートリノ振動”
日本天文学会2017年秋季年会、2017年9月11-13日(発表日13日)、北海道大学、札幌市

石徹白晃治, “ニュートリノによる宇宙素粒子物理学”,
広島大学宇宙科学センターセミナー, 2017年7月18日, 広島大学

石徹白晃治, “ニュートリノによる宇宙素粒子物理学”,
国立天文台談話会 (第982回), 2017年6月23日, 国立天文台

石徹白晃治, “超新星前兆ニュートリノ研究”,
新学術領域「地下素核研究」 領域研究会, 2017/5/21-23 (発表日5/22), 岡山大学

佐藤拓磨, “次期KamLANDへ向けた電子回路の開発研究(ポスター)”,
新学術領域「地下素核研究」 領域研究会, 2017/5/21-23 (発表日5/21-23), 岡山大学

林田眞悟, “KamLANDにおける新型電子回路利用による事象位置再構成性能の向上(ポスター)”,
新学術領域「地下素核研究」 領域研究会, 2017/5/21-23 (発表日5/21-23), 岡山大学

岡直哉, “XMASS実験:太陽起源カルツァ=クライン・アクシオンの探索結果”,
  日本物理学会第72回年次大会, 2017/3/17-20 (発表日3/20), 大阪大学

加藤ちなみ, 山田章一, 長倉洋樹, 古澤俊, 高橋亘, 吉田敬, 梅田秀之, 石徹白晃治, “原子核による前兆ニュートリノ放出”,
  日本天文学会2017年春季年会、2017年3月15-18日(発表日3/16)、九州大学、福岡

吉田敬, 諏訪雄大, 梅田秀之, 柴田大, 高橋亘, “Ultra-stripped超新星における爆発的元素合成”,
  日本天文学会2017年春季年会、2017年3月15-18日(発表日3/15)、九州大学、福岡

吉田敬, “超新星前兆ニュートリノの星の質量に対する依存性”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/5), 東北大学

加藤ちなみ, “原子核による前兆ニュートリノ放出”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/5), 東北大学

小原 脩平, “KamLAND”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/4), 東北大学

財前 真理, “2次元超新星爆発でのcollective neutrino oscillation (ポスター)”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/5), 東北大学

藤本空, “電子陽電子対生成型超新星のニュートリノスペクトル (ポスター)”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/5), 東北大学

平出 克樹, “液体キセノンを用いた超新星ニュートリノの観測”,
  第3回超新星ニュートリノ研究会, 2017/3/4-5 (発表日3/4), 東北大学

吉田敬, “プレソーラーグレインの同位体比からいかに超新星の元素合成を理解するか”,
  「プレソーラー粒子から探る星間ダスト進化と太陽系の起源」研究会, 2016年9月26, 27日、国立天文台、三鷹

吉田敬、高橋亘、梅田秀之、石徹白晃治, “超新星ニュートリノの観測が示す大質量星の最終進化”,
 日本物理学会2016年秋季大会、2016年9月21-24日、宮崎大学、宮崎

岡直哉, “XMASS 実験:カルツァ=クライン・アクシオンの探索”,
  日本物理学会2016年秋季大会, 2016/9/21-24 (発表日9/22), 宮崎大学、宮崎

梅田秀之, “重力波源となるブラックホールのスピン進化とBZ機構”,
  日本天文学会2016年秋季年会、2016年9月14-16日、愛媛大学、松山

吉田敬、高橋亘、梅田秀之、石徹白晃治, “Gdを入れたSuper-KamiokandeとHyper-Kamiokandeによる超新星前兆ニュートリノの観測”,
 日本天文学会2016年秋季年会、2016年9月14-16日、愛媛大学、松山

本田佳己, 他KamLAND-Zen Collaboration, “KamLAND2-Zenのための新型電子回路の開発”,
 日本物理学会 第71回年次大会, 2016/3/19-22 (発表日3/22), 東北学院大学

織井安里, 他Super-Kamiokande Collaboration, “スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測用DAQの開発”,
 日本物理学会 第71回年次大会, 2016/3/19-22 (発表日3/22), 東北学院大学

相馬圭吾, 井上邦雄, 三井唯夫, 渡辺寛子, 石徹白晃治, 池田晴雄, 白旗豊, 高井貴行, “液体シンチレータによる反電子ニュートリノの到来方向測定に向けた研究 I”,
 日本物理学会 第71回年次大会, 2016/3/19-22 (発表日3/21), 東北学院大学

白旗豊, 井上邦雄, 三井唯夫, 渡辺寛子, 石徹白晃治, 池田晴雄, 高井貴行, 相馬圭吾, “液体シンチレータによる反電子ニュートリノの到来方向測定に向けた研究 II”,
 日本物理学会 第71回年次大会, 2016/3/19-22 (発表日3/21), 東北学院大学

高井貴行, 井上邦雄, 三井唯夫, 渡辺寛子, 石徹白晃治, 池田晴雄, 白旗豊, 相馬圭吾, “イメージング検出器を用いた液体シンチレータ中の粒子識別へ向けた研究”,
 日本物理学会 第71回年次大会, 2016/3/19-22 (発表日3/20), 東北学院大学

吉田敬, 高橋亘, 梅田秀之, “超新星前兆ニュートリノの観測と大質量星の最終進化”,
 日本天文学会2016年春季年会, 2016/3/14-17 (発表日3/16), 首都大学東京

石徹白晃治, “大型液体シンチレータ検出器による超新星ニュートリノ研究の可能性” (ポスター),
 日本天文学会2016年春季年会, 2016/3/14-17 (発表日3/16), 首都大学東京

梅田秀之, “チュートリアル講演1: 大質量超新星の親星の種類と進化”,
  第二回超新星ニュートリノ研究会, 2016/1/6-7 (発表日1/6), 富山商工会議所

平出克樹, “XMASS検出器を用いた超新星ニュートリノの観測”,
  第二回超新星ニュートリノ研究会, 2016/1/6-7 (発表日1/6), 富山商工会議所

吉田敬, 梅田秀之, 高橋亘, “超新星前兆ニュートリノと重力崩壊直前における大質量星の内部構造進化,
  第二回超新星ニュートリノ研究会, 2016/1/6-7 (発表日1/6), 富山商工会議所

林田眞悟, “KamLANDにおける近傍超新星事象観測に対応したDAQシステムの開発(ポスター)”,
  第二回超新星ニュートリノ研究会, 2016/1/6-7, 富山商工会議所

本田佳己, “KamLANDにおける超新星前兆ニュートリノの研究(ポスター)”,
  第二回超新星ニュートリノ研究会, 2016/1/6-7, 富山商工会議所

石徹白晃治, “Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research (招待講演)”,
 新学術領域研究「ニュートリノフロンティア」研究会, 2015/12/1-3 (発表日12/3), ニューウェルシティー湯河原

石徹白晃治, “超新星ニュートリノの振動現象とフーリエ解析”,
 SKE f2f meeting, 2015/10/16-17 (発表日10/17), 大阪市立大学

織井安里, 戸村友宣, 奥村公宏, 塩澤真人, 中畑雅行, 中山祥英, 早戸良成, 池野正弘, 内田智久, 鈴木聡, 山田悟, 大林由尚, 横澤孝章, “スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測用DAQの開発,”
 日本物理学会2015年秋季大会, 2015年09月25-28日 (発表日 2015年09月27日), 大阪市立大学

戸村友宣, “Super-Kamiokandeにおける近傍超新星爆発ニュートリノ用データ収集システムの開発”,
 Spring8 制御・情報セミナー, 2015/9/10, Spring-8

石徹白晃治, “天体活動と超新星ニュートリノ”,
 重力波天体・地下素核研究・中性子星核物質, 新学術3領域合同シンポジウム「多面的アプローチで解きあかす宇宙と天体」, 2015/7/24-25 (発表日7/25), KEK

Koji Ishidoshiro, “Low-energy Neutrino Astrophysics in KamLAND”,
 KEK physics seminar, 2015/6/30 (発表日6/30), KEK

吉田敬, 梅田秀之, 高橋亘, 藤本空, 藤林翔, 関口雄一郎, “超新星ニュートリノを用いた超新星ejecta最深部における元素合成への制限”,
 ハイパーカミオカンデにおける宇宙ニュートリノ観測研究会, 2015/5/18-19, 神戸大学瀧川記念学術交流会館

加藤ちなみ, “超新星前兆ニュートリノによる親星モデルの判別可能性”,
 新学術領域「地下素核研究」第2回 領域研究会, 2015/5/15-17 (発表日5/15-17), 神戸大学

林田眞悟, “Super-Kamiokande及びKamLANDによる重元素合成起源解明の可能性”,
 新学術領域「地下素核研究」第2回 領域研究会, 2015/5/15-17 (発表日5/15-17), 神戸大学

石徹白晃治, “天体活動と重元素生成の解明へ向けた超新星ニュートリノ観測システムの高度化”,
 新学術領域「地下素核研究」第2回 領域研究会, 2015/5/15-17 (発表日5/15), 神戸大学

林田眞悟,池田一得,石徹白晃治,茅野翼,小汐由介,中里健一郎,高橋亘,梅田秀之,徐宸原,吉田敬, “Super-Kamiokande及びKamLANDによる超新星ニュートリノ観測の相補的解析による可能性”,
  日本物理学会 第70回年次大会(2015年), 2015/3/21-24 (発表日3/21), 早稲田大学

織井安里, 戸村友宣, 奥村公宏, 塩澤真人, 中畑雅行, 中山祥英, 早戸良成, 池野正弘, 内田智久, 鈴木聡, 山田悟, 大林由尚, 横澤孝章, “スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測,
  日本物理学会 第70回年次大会, 2015年03月21-24日 (発表日 2015年03月22日), 早稲田大学

白旗豊,高井貴行,石尾昌平,井上邦雄,三井唯夫,渡辺寛子,石徹白晃治,池田晴雄, “液体シンチレータを用いた反電子ニュートリノの方向検出に向けた研究1″,
  日本物理学会 第70回年次大会(2015年), 2015/3/21-24 (発表日3/21), 早稲田大学

高井貴行,白旗豊,石尾昌平,井上邦雄,三井唯夫,渡辺寛子,石徹白晃治,池田晴雄, “液体シンチレータを用いた反電子ニュートリノの方向検出に向けた研究2″,
  日本物理学会 第70回年次大会(2015年), 2015/3/21-24 (発表日3/21), 早稲田大学

大石奈緒子,田中雅臣,石徹白晃治,小汐由介,田越秀行,神田展行, “銀河系内超新星候補天体リストに基づく観測ネットワーク構築”,
  日本物理学会 第70回年次大会(2015年), 2015/3/21-24 (発表日3/23), 早稲田大学

石徹白晃治, “液シン型検出器による超新星ニュートリノ研究の現状と展望”,
  第一回超新星ニュートリノ研究会, 2015/3/16-17 (発表日3/16), 東京理科大学

平出克樹, “XMASSにおける超新星ニュートリノの観測”,
  第一回超新星ニュートリノ研究会, 2015/3/16-17 (発表日3/16), 東京理科大学

梅田秀之, “超新星による爆発的元素合成とニュートリノプロセス”,
  第一回超新星ニュートリノ研究会, 2015/3/16-17 (発表日3/17), 東京理科大学

石徹白晃治, “カムランドによる超新星前兆ニュートリノ観測と爆発前超新星アラームの可能性”,
  東北大学天文学教室談話会 (第1395回), 2014/10/27

林田眞悟,石徹白晃治,竹本康浩,内田智久,池野正弘, “KamLAND2へ向けたデータ収集回路開発”,
  日本物理学会 2014年秋季大会,  2014年9月18-21日 (発表日9/20), 佐賀大学

織井安里, 戸村友宣, 奥村公宏, 塩澤真人, 中畑雅行, 中山祥英, 早戸良成, 池野正弘, 内田智久, 鈴⽊聡, 山田悟, 大林由尚, 横澤孝章, “スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測,
   日本物理学会2014年秋季大会, 2014年09月18-21日 (発表日 2014年09月21日), 佐賀大学

吉田敬,高橋亘,梅田秀之, “大質量星のケイ素燃焼におけるニュートリノ観測の可能性”,
  日本物理学会 2014年秋季大会,   2014年9月18-21日 (発表日9/18), 佐賀大学

石徹白晃治, “カムランドにおける超新星前兆ニュートリノの検出可能性”,
  日本天文学会2014年秋季年会, 2014/09/11-13 (発表日09/13), 山形大学

梅田秀之, “(招待講演)プロジェニター”,
  超新星・ガンマ線バースト研究会2014, 2014/08/25-27 (発表日08/25), 理科学研究所

石徹白晃治, “超新星(前兆)ニュートリノ”,
  第一回 地下素核研究 研究会, 2014/08/23-24 (発表日08/24), 大阪大学

アウトリーチ活動

石徹白晃治, 熊本工業高等専門学校 「ニュートリノで探る宇宙・素粒子の謎」, 出前授業, 2018年2月9日

石徹白晃治, 仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座第4回「ニュートリノからさぐる宇宙の謎」, ニュートリノで予報する超新星爆発, 2017年12月10日

メディア掲載

受賞

財前 真理, 平成28年度 東京大学理学部学修奨励賞受賞

高橋 亘, 平成28年度 東京大学大学院理学系研究科研究奨励賞

財前 真理, 平成30年度 東京大学大学院理学系研究科研究奨励賞受賞者

学位論文

石川 貴寛,”KamLANDにおける近傍超新星ニュートリノ観測に向けた新規トリガー機能開発”,
 2015年2月提出, 東北大学

林田 眞悟,”次期KamLAND実験へ向けたフロントエンドエレクトロニクスの開発”,
 2015年2月提出, 東北大学

織井 安里, “スーパーカミオカンデにおける近傍超新星観測用エレクトロニクスの開発,”
 2015年2月提出, 東京大学

岡 直哉, ”Search for solar Kaluza-Klein axion by annual modulation with the XMASS-I detector”,”
 2017年9月学位取得 (神戸大学)

本田 佳己, “KamLAND2-Zenに向けた10Cバックグラウンド低減のための新手法の研究開発”,
 2018年2月提出, 東北大学

大塚 竣太, “KamLAND2に向けた新型読み出し回路のアナログ部の最適化とデジタルBLRの実証”,
 2019年2月提出, 東北大学

佐藤 拓磨, “KamLANDのためのアナログおよびデジタル加算回路の開発と性能評価”,
 2019年2月提出, 東北大学


宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究

Copyright(c) 2015 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究 All Rights Reserved.