新学術「地下宇宙」2021年領域研究会

  • 地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化

    研究会開催、2021年5月19日、20日、21日
    神戸大学六甲台第二キャンパス・神大会館


  • 地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化

    研究会開催、2021年5月19日、20日、21日
    神戸大学六甲台第二キャンパス・神大会館

ニュース

2021年03月22日
webページオープン : 2021年3月22日
2021年04月01日
参加登録受付開始しました : 2021年4月01日

ご案内



 新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会を開催します。
  • 日時:2021年05月19日(水)〜2021年05月21日(金)
  • 場所:神戸大学六甲第二キャンパス 神大会館(百年記念館)+オンライン
  • 参加料:無料
  • 現地参加登録・ポスターセッション申込締め切り:2021年4月29日
  • オンライン参加登録申込締め切り:2021年5月21日
 地下実験室環境は、宇宙線の影響が小さく低バックグラウンド観測に適しています。 この地下実験室で発展したニュートリノ研究は、 現在、超新星や太陽・大気・加速器・原子炉さらには地球内部で生成されたニュートリノ観測を通して、 ニュートリノ振動の発見や、超新星爆発、太陽内の原子核反応、地球研究へも波及しています。 このように、地下実験室における極低放射能化の実現は、非常に稀な現象の探索への適用を可能にしました。 さらには、ニュートリノを放出しない二重ベータ崩壊や暗黒物質探索といった「地下宇宙素粒子研究」が、 新しい重要な学術分野として発展しています。

 本研究会は、こうした研究背景のもと、地下実験室の測定を通して宇宙の歴史と物質の進化を解き明かすという共通の目的を再確認するとともに、 地下実験における極低放射能技術という共通技術について議論・情報共有することを目的とします。

 おもな議論内容は、下記のとおりです。
  • ニュートリノを放出しない二重ベータ崩壊
  • 暗黒物質
  • 超新星ニュートリノ、地球ニュートリノ
  • 地下実験、極低放射能技術、極低温技術
 本研究会は、可能な限り対面を取り入れながら、オンラインでの参加も可能とするハイブリッド型での開催を予定しております。 申込者多数の場合には、締め切り前でも現地参加の登録を締め切らせていただくことが御座います。 オンラインでの参加も可能とするポスターセッションも予定しております。 若干の旅費の補助が可能ですので、希望者は登録時に申し込んでください。

皆さまのご参加をお待ちしております。


サポート

 本研究会は、下記による共催です。