文部科学省 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型) 領域番号 6105 Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas

地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化

成果 A02 48Caを用いたニュートリノマヨラナ性の研究と次世代高感度化技術開発

 論文発表(査読あり)
2020年度
高エネルギーニュース,Vol.39No.3, 99-109 · ニュートリノは神の粒子か? -- 神岡地下1000mで進む0nbb発見への挑戦 --
IEEE Transaction on Nuclear Science, Volume: 68, 368 - 378 · A study on energy resolution of CANDLES detector
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A,986, 164727 · The energy calibration system for CANDLES using (n,g) reaction
Nuclear Science, IEEE Transactions,66, 1174-118 · μTCA DAQ system and parallel reading in CANDLES experiment
Journal of Physics: Conference Series,1643, 012028 · Search for neutrino-less double beta decay of 48Ca-CANDLES-
IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference NSS/MIC,---, 9059670(1-4) · Photon counting method for improvement of energy resolution in CANDLES experiment
2019年度
Journal of Physics: Conference Series,1468, 012132 · Status of 48Ca double beta decay search and its future prospect in CANDLES
Journal of Physics: Conference Series,1468, 012116 · Study of a Large CaF2(Eu) Scintillating Bolometer for Neutrinoless Double Beta Decay
Journal of Physics: Conference Series,1468, 012199 · The laser Isotope separation (LIS) methods for the enrichment of 48Ca
Progress in Nuclear Science and Technology,6, 144-147 · A Low Background Measurement for the Rare Decay Search in CANDLES

 国際会議発表(口頭発表)
2020年度
2020年12月,NEWS,The present status and perspectives of DBD detectors to access:S. Umehara
2020年12月,NEWS,Present Status of Low Temperature Detector for Neutrino-less Double Beta Decay:S. Yoshida
2020年11月,Academic exchange seminar,CANDLES exp for doubele beta decay:S. Umehara
2019年度
K. Tetsuno,2019年09月10日,口頭発表,Status of 48Ca double beta decay search and its future prospect in CANDLES, TAUP2019 2019年09月09日~2019年09月13日、富山
S.Umehara,2019年08月01日,口頭発表,[Search for neutrino-less double beta decay of 48Ca - CANDLES -], 27th International Nuclear Physics Conference (INPC2019)、2019年07月29日~2019年08月02日,Glasgow, UK

 国際会議発表(ポスター発表)
2020年度
2020年06月,Neutrino2020,Development of Scintillating Bolometer with Large Undoped and Eu-doped CaF2 Crystals for Neutrino-less Double Beta Decay of 48Ca(poster):S. Yoshida
2019年度
2019年10月,NSS-MIC 2019,Photon counting method for improvement of energy resolution in CANDLES experiment:B. T. Khai
X. Li,2019年09月10日,ポスター発表,TStudy of a large CaF2(Eu) Scintillating Bolometer for Neutrinoless Double Beta Decay, TAUP2019 2019年09月09日~2019年09月13日、富山
K. Matsuoka,2019年09月10日,ポスター発表,The laser isotope separation(LIS) methods for the enrichment of 48Ca, TAUP2019 2019年09月09日~2019年09月13日、富山

 国内会議発表(口頭発表)
2020年度
2021年03月,第七回極低放射能技術研究会(LBGT2021),極低温技術による宇宙素粒子研究の高感度化:吉田斉
2021年03月,第七回極低放射能技術研究会(LBGT2021),CANDLES報告:梅原さおり
2021年03月,第七回極低放射能技術研究会(LBGT2021),CaF2純化開発:伏見賢一
2021年03月,物理学会第76回年次大会,二重ベータ崩壊実験のためのCaF2結晶の高純度化:黒澤俊介
2021年03月,物理学会第76回年次大会,CANDLESによる二重ベータ崩壊の研究 ー新たな解析手法を用いたバックグラウンド除去:伊賀友輝
2021年03月,物理学会第76回年次大会,CANDLES実験における232Th起因バックグラウンドの低減に向けた機械学習を用いた解析手法の改良(poster):阪井俊樹
2020年09月,物理学会2020年秋季大会,CANDLES による二重ベータ崩壊の研究 -現状報告-:吉田斉
2020年06月,新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会,48Caを用いたニュートリノマヨラナ性の研究と次世代高感度化技術開発:梅原さおり
2020年06月,新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会,極低温技術による宇宙素粒子研究の高感度化:吉田斉
2019年度
2020年03月,物理学会第74回年次大会,CANDLES による二重ベータ崩壊の研究− 新結晶の評価−:伊賀友輝
2020年01月,新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」第1回低温技術研究会,二重ベータ崩壊用ScintillatingBolometer 開発:吉田斉
2020年01月,レーザー学会学術講演会(2019年度 第40回年次大会),レーザーによる偏向法を用いたCa同位体濃縮:河島佑介、仁木秀明、小川泉、松岡耕平
2019年12月,日本物理学会北陸支部定例学術講演会,レーザーイオン化法を用いた Ca 同位体濃縮の回収率向上に向けて:松村賢一、新木陽介、小川泉、仁木秀明
2019年12月,日本物理学会北陸支部定例学術講演会,冷却 CaF2シンチレータにおける n/γ 粒子弁別能の研究:渡辺大貴、戸澤理詞、小川泉、飯田崇史
2019年11月,Scintillator for Medical, Astroparticle and environmental Radiation Technologies(SMART2019),CANDLES-48Caの二重ベータ崩壊の研究-:梅原さおり
2019年09月,物理学会2019 年秋季大会,CANDLES による二重ベータ崩壊の研究-エネルギースペクトルの評価と検出器のエネルギー安定性:伊賀友輝
2019年09月,物理学会2019 年秋季大会,Bolometer Development using Neutron Transmutation Doped Ge in CANDLES for the study of Neutrinoless Double Beta decay:Ken Keong Lee
2019年09月,物理学会2019 年秋季大会,CANDLES による二重ベータ崩壊の研究CANDLES 実験の現状と今後の計画:吉田斉
2019年08月,新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会,極低温技術による宇宙素粒子研究の高感度化:吉田斉,2019年08月
2019年08月, 新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会,48Caを用いたニュートリノマヨラナ性の研究と次世代高感度化技術開発:梅原さおり

 国内会議発表(ポスター発表)
2020年度
2020年06月,新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会,48Caのシングルβ崩壊の半減期の測定に向けた実験計画(poster):原田卓明/山本朝陽
2019年度
2020年03月,物理学会第74回年次大会,48Ca の半減期測定に向けたSc 捕集効率の評価(ポスター):原田卓明
2020年03月,物理学会第74回年次大会,48Ca の半減期測定に向けたGEANT4 による検出効率の評価(ポスター):山本朝陽
2019年09月,新学術領域「クラスター階層」「量子ビーム応用」合同検出器ワークショップ,極低温検出器による宇宙素粒子研究(ポスター):吉田斉
伊賀友輝,2019年11月18日、ポスター発表、CANDLESによる二重ベータ崩壊の研究-波形および0nbb解析-、 Scintillator for Medical, Astroparticle and environmental Radiation Technologies(SMART2019),2019年11月18日~2019年11月19日、松山

 学位論文(博士)
2020年度
Osaka Univ., Bui Tuan Khai, Energy resolution of CANDLES detector for studying neutrino-less double beta decay of 48Ca
2019年度
Osaka Univ., Temuge Batpurev, Background Reduction Techniques for Neutrinoless Double Beta Decay Search at CANDLES Experiment (CANDLES実験でのニュートリノレス二重ベータ崩壊探索のためのバックグラウンド除去方法の開発)
Osaka Univ., Li Xiaolong, Study of a Large Volume CaF2(Eu) Scintillating Bolometer with Metallic Magnetic Calorimeter(大型CaF2(Eu)シンチレーション結晶と金属磁気熱量計を用いた熱量蛍光検出器の研究開発)

 学位論文(修士)
2020年度
大阪大学,伊賀友輝,CANDLES実験における232Th起因バックグラウンドの低減に向けた検出器及び解析手法の改良
福井大学,河島佑介,48Caのレーザー同位体濃縮における原子ビーム系の開発・研究
2019年度
福井大学, 新木陽介, レーザーイオン化法を用いたCaの同位体分離に関する研究
福井大学, 松岡耕平, レーザー濃縮による48Ca 大量生産にむけた開発研究

本研究の成果は研究者自らの見解等に基づくものであり、所属研究機関、
資金配分機関及び国の見解等を反映するものではありません。
パンフレット[PDF]

はじめに

ページのトップへ戻る